2005年10月10日

誘導したい方向へ逃げ道を用意する

前回に引き続き、回収の極意〜交渉編〜

カテゴリーを移しました^^ → 人気ブログランキング

回収を交渉で行う場合、
完全に逃げ道をなくしてはいけない。
相手は完全に開き直ってしまい、
法的回収をするしか、回収手段がなくなってしまうからだ。
法的回収をすると決めた場合はそれでもいいだろう。
しかし、法的回収よりも、もっといい手段がある場合、
そこへ誘導するのが最適だ。

交渉で、相手に逃げ道を残す場合、
泳がせる、という手段もあるが、
誘導したい方向が決まっている場合、
作戦を立てて、絵を描いてから、そこへ誘導するのが得策だ。

とあるサラ金での取立て現場のお話。
便宜上、登場人物を、
サラ金社員を「私」、
顧客を「凡盆(ボンボン)」さんとしておこう^^


私  「凡盆さん、お支払いが遅れてますが・・。」

凡盆 「すいません^^;給料が減ってしまって^^;」

私  「今すぐ入金できますか?」

凡盆 「ちょっと都合つけますので、何日か待ってもらえませんか?」

私  「・・・・・・。」

凡盆 「・・・・・・。」

私  「そうですか。そろそろ一括で返してもらいましょうか。」

凡盆 「ひぇ〜^^;勘弁して下さい。今日中に何とかします^^;」

私  「いや・・・。ちょっと今後の返済が心配ですね・・・。」

凡盆 「いや、今月だけです!来月からはちゃんとします!」

私  「でも凡盆さん、他社での借入れ、増えてますよね・・・。」

凡盆 「あ、いや、その・・・・・・。」

私  「ここ3ヶ月の間に、借入れ件数が2社ほど増えてますよね?」

凡盆 「ひぇ〜!すいません!」

私  「あなた、まさか跳ばそうとか、考えてませんよね!?」

凡盆 「いや!めっそうもない!!そんな・・・・・・!」 

私  「信用できませんねぇ・・・。」

凡盆 「来月からは絶対遅れませんので!」

私  「信用できませんねぇ・・・・・・。」

凡盆 「そこまで言うか!?」

 ※さぁ、そろそろ開き直る頃だ(笑)

私  「じゃあ、一括返済して頂けますか?」

凡盆 「できるわけないだろう!?」

 ※さぁ、開き直るゾ!(笑)

私  「じゃあ、他社件数を減らして下さい。」

凡盆 「どうやって?」

私  「だから、他社3社を完済して来て下さい。」

凡盆 「できるか!!」

 ※さぁ、開き直った♪

私  「じゃあ、うちでまとめますか?」

凡盆 「え!?・・・・・・できるんか!?」

私  「わかりません^^」

凡盆 「何やそれ^^;どないやねん^^;」

私  「一度審査してみましょうか?」

凡盆 「出来るんやったら頼みます^^」

 ※さぁ、「私」は、回収したいのだろうか?
     それとも貸したいのだろうか?^^

私  「凡盆さん、『おまとめ』、いけるかも知れませんよ^^」

凡盆 「ほんまか!?」

私  「はい。もっと厳密に審査しないと確実な事は言えませんが、
    とりあえず、8社450万は何とかなりそうです。
    利率も今より下がりそうですよ♪」

凡盆 「ほんまか!!じゃあ厳密な審査頼むわ♪」

私  「わかりました。ではとりあえず、
    過去3年分の収入証明と、実印と印鑑証明と、
    ご自宅の権利証を用意して下さい。」

凡盆 「んん・・・?権利証・・・?」

私  「はい。権利証です。」

凡盆 「ちょっと待て。家を担保に入れろ、という事か?」

私  「そうですけど?」

凡盆 「それやったらええわ!」

私  「どうしてですか?」

凡盆 「たかが数百万の借金で、家を取られたくないわ!」

私  「は?誰も家をくれ、って言ってるわけじゃありませんよ。
    担保ですから、完済すれば、当然抵当は抹消します。
    それとも、やっぱり踏み倒すつもりだったんですか!?」

凡盆 「違うがな!違うけど・・・・・・^^;」

私  「せっかくの財産があるんです。
    無担保融資だと、財産がある信用のある人でも、
    賃貸住まいの人でも、利率は同じです。
    凡盆さんの様な方でも、
    無担保で借りている限り、賃貸住まいの方と同じ扱いですよ。」

凡盆 「そやけど・・・・・・。」

私  「資産は有効に活用してこそ、資産と言えます。
    活用しないのなら宝の持ち腐れです。
    ましてや、無担保の利率の高い借金があるのですよ。
    『キチンと返す気があるのなら、』借り替えない理由はないです。」

凡盆 「・・・・・・考えさしてくれ。」


ここで、半数は自分の軽はずみな借入れを反省し、
お金を都合して完済します。

『借金』という、事の重大さに気づいたのでしょう。

しかし、サラ金にとって、持ち家で担保余力のある不動産を持つ人は、
相当な優良顧客です。
完済されては、利益が削られます。
でも、そのリスクを差し引いてでも、
残り半分の人が不動産担保で、
他社を全てまとめてくれ、
50万などの融資枠を300万とか500万などに出来れば
充分に元が取れます。
中には、住宅ローンも一本化しましょう^^
などという誘いに乗ってくる大バカなボンボンもいます。
特に、自力で不動産を手に入れた人ではなく、
親から資産を相続した様な人に、「バカボン」は多い気がします。

さらに不動産担保融資は、
返済期間が長く取れるので、
無担保融資に比べて月々の返済額がかなり小さく出来ます。
ここを上手にアピールする事で、
多くの人が乗り気になります。


私  「今の返済額が、月15万。
    借り換え後は月8万です。
    差額はそのまま凡盆さんのお小遣いです。
    年間で84万、お小遣いが増えるという事ですね^^」

凡盆 「お♪ほ、ほんまか♪」


なんて具合に・・・・・・。
サラ金で不動産担保ローンを組んだ人のうち、
正常に最後まで完済に至る人って、
私の記憶する限りでは、
半分もいなかった様に思いますが・・・・・・^^;


世の中、ビジネスとは、大抵この程度の思惑の基に動いている。
いかに良い商品を提供したところで、
消費者が「本当に良い商品」を選別する能力がなければ、
やはり企業は「消費者が求める商品」を開発する。
世に、この様な「粗悪な商品」が氾濫しているのは、
他ならない消費者自身に問題があるのだ、という事を、
消費者自身がもっと良く知るべきだ。


このブログは、
世の中の消費者がもっと賢くなり、
泣き寝入りをしない事を通じて、
「泣き寝入りを前提とした悪いヤツラ」を
社会から淘汰し、
その事をもって、
今より住みよい社会を作る事を目的としています。
人気ブログランキングへ投票をして頂くと、
ランキングの順位が上がり、
たくさんの人がこのブログを訪れてくれます。
泣き寝入りしなくても良くなる為の情報を
惜しみなく発信し続けていきますので、
応援をお願いしますm(__)m

☆お知らせ☆
姉妹ブログ「サラ金日記」の方では、
マイカーの経済性について、記事にします。
posted by 鬼 at 10:26 | Comment(4) | 回収の極意〜交渉編〜

2005年10月06日

人はあまのじゃくである

久しぶりに回収の極意〜交渉編〜を♪

お待ちかねの方は『ぽちっと』ね^^ → 人気ブログランキング

今日のテーマは、「あまのじゃく」
人ってのは、とにかくあまのじゃくである^^
笑っちゃうぐらい、あまのじゃくである(^0^)

とあるサラ金の取立て現場でのお話。
便宜上、登場人物を、
サラ金社員を「私」、
顧客を「鴨(カモ)」さんとする。



私 「鴨さん、お支払いが遅れてますが・・。」

 ※この鴨さん、今まで遅れた事のない顧客である。

鴨 「すいません、ちょっと急な出費があって・・
   1週間・・いや、2週間だけ待って頂けませんか?」

 ※こういう展開、破産検討中に多い。

私 「うちは支払いを遅れた場合、一括請求です。」

鴨 「え!?たったの3日ですよ。」

私 「ええ、でも、契約ですから。」

鴨 「わかりました。じゃあ2週間待ってくれたら全額返します。」

 ※この時点で確信する。2週間以内に受任通知が来る、と。

私 「待てません。今日、全額入金確認できないなら法的手続き取ります。」

鴨 「はぁ!?そんな無茶な!」

私 「いえ、夜逃げでもされたら困りますから。」

鴨 「(ドキッ!)そんな事しませんよ!(破産だっつの^^;)」

私 「その保証はありませんから、給料を押えておく必要がありますので。」

鴨 「裁判もなしに差し押さえは出来ないだろ!」

 ※さらに確信。弁護士の入れ知恵が入っている^^

私 「わかりました。では仮差押を検討します。」

鴨 「何だそれ!?」

私 「緊急に保全の必要がある場合、訴訟提起と同時に、
   『仮に』差押えしておく制度です。」

鴨 「・・・!(それは困る!)無茶言うな!」

私 「無茶ではありません。
   お知り合いに詳しい人がいれば、聞いてみてはどうですか?」

 ※あえて「弁護士に」とは言わない(笑)

鴨 「何とか助けてもらえませんか?^^;」

私 「そりゃ、私も鴨さんにはお世話になってますから、
   個人的には何とかしてあげたいのはやまやまですけど・・・・。」

鴨 「お願いしますよ^^;」

私 「ただ、私も会社員ですからね^^;
   大きな声では言えませんが、保証人を立ててもらったら・・・・。

鴨 「保証人ですか!?家内でもいいですか?」

私 「奥さんじゃ、保証人にはなりませんよ!同一家計じゃないですか!」

鴨 「ですよね・・・。でも、家族以外にはちょっと・・・。」

私 「正直、ご家族の保証では無意味ですけど、検討してみましょうか?」

鴨 「本当ですか!?(やっほ♪家内も一緒に破産だぴょ〜〜〜ん^^)」

私 「じゃあ審査してみます。30分後に電話下さい。」

 ※ここで、奥さんに審査の了承を取り、
  信用情報の確認を・・・
  チーン!奥さんも多重債務。一緒に破産するのは間違いない。

鴨 「どうでした?」

私 「ダメでした。保証能力なしです。」
   他に誰かいませんか?」

鴨 「学生の息子とかはダメですよね?21ですけど^^;」

私 「そんなの無理に決まってますよ!無収入じゃ、奥さんより条件悪いでしょ!」

鴨 「じゃあ、どうしようもないですよ・・・
   2週間待って下さいよ^^;」

私 「無理です。何とかしたい気持ちはありますけど、
   奥さん以外に、誰からも信用されていない、って事ですからねぇ・・・」

鴨 「!・・失礼な言い方だな!」

私 「すいません^^;でも結果的にそうでしょ?
   奥さん以外、誰も保証人にならない、ってのはそういう意味でしょ?」

鴨 「息子だって俺が言えば保証人にはなるぞ!」

私 「だって無収入じゃないですか^^;」

鴨 「バイトはしてるぞ!」

私 「別世帯ですか?」

鴨 「いや^^;同居だけど^^;」

私 「意味ないじゃないですか〜〜〜^^;」

鴨 「まぁね^^;」

私 「ん〜・・・しょうがないですねぇ・・・
   うちと鴨さんとのお付き合いですし、何とかしてみましょうか?」

鴨 「本当か!?」

私 「ええ・・ただ、学生だっていうのは伏せておいて下さいね・・・」

鴨 「助かるよ^^」



かくして、1週間後に弁護士から通知が届く。
依頼人は夫婦。
方針は「破産予定」


そして「私」は自宅へ電話する。

私 「鴨葱夫(ネギオ)さんいらっしゃいますか?」

鴨 「息子は学校だが・・・お、お前!まさか!」

私 「何ですか?『まさか』って?」

鴨 「息子の葱夫に請求するつもりじゃ!?」

私 「いや、つもりも何も、当たり前でしょ?」

鴨 「お前!相手は学生だぞ!」

私 「だから?葱夫くんは21歳ですよ。
   自分でした契約の意味ぐらいわかってるはずですが?」

鴨 「お前!まさか最初っから!?」




初めから「葱夫くんを保証人に!」なんて迫ると、
絶対に拒まれていたはずである。

「そんなの無理に決まってますよ!」というセリフで、
警戒心が解けたのである。

交渉において、相手にして欲しい行動がある場合、
本来のこちらの意図は、決して明かしてはいけない。
「して」と言われると「イヤ」というのが人間である。
それよりも厳しい条件を提示し、
妥協したフリをして、本来の目的を呑むのである。
交渉内容の「善悪」はひとまず置いておいて(笑)、
これが交渉ごとの鉄則である。

ちなみにこのストーリー、
鴨さんは弁護士費用すら分割で支払っており、
当然一括で支払う事はできない。
かと言って、無借金の息子まで弁護士に依頼する余裕はない。
結局、契約通りの利息を付けて、分割で支払ったそうである。
「私」の勤務するサラ金では、
破産前に一括回収をさせていた場合より、
利益が出たことは言うまでもない。

一括回収が最大の目的であると相手に思わせ、
その実、破産予定の契約からも、
将来に亘って、まだ利息を取り続けるという、
金融業者にとってのゴールデンパターンである。


このストーリー、
借金をしている立場から読めば、
相当、頭に来る内容かも知れない。
しかし、敵の作戦を知るという事は、
自分の作戦を立てる上でも、きっと有利に働くであろう。

世の中、善悪の判断基準だけで動くのではない。
多くは損得で動くものである。
あなただけは善悪で動きますか?



このブログは、
世の中の消費者がもっと賢くなり、
泣き寝入りをしない事を通じて、
「泣き寝入りを前提とした悪いヤツラ」を
社会から淘汰し、
その事をもって、
今より住みよい社会を作る事を目的としています。
人気ブログランキングへ投票をして頂くと、
ランキングの順位が上がり、
たくさんの人がこのブログを訪れてくれます。
泣き寝入りしなくても良くなる為の情報を
惜しみなく発信し続けていきますので、
応援をお願いしますm(__)m
posted by 鬼 at 10:53 | Comment(12) | 回収の極意〜交渉編〜

2005年09月26日

交渉とは、話すこと?聴くこと?

このシリーズ、あまり需要がない様なので、
今回で最後にします。
もっと読みたい人は
こちらでアピールして下さい → 人気ブログランキング

今回は交渉の核心の部分に触れる。

タイトルの「交渉とは、話すこと?聴くこと?」
について、

答えはズバリ、聴くことである。

交渉ベタは、一生懸命、自分の考えを主張する。
これでは交渉には勝てない。
物事において、熱く主張すると、必ずボロが出る。
多少のウソを付いたり、
脅しまがいの話術を用いたり・・・。

そう!逆にこれを相手がすれば・・・(ニヤリ)
交渉はコチラに有利になる。
これを「ボロ」という。

交渉において、ボロを出すのと、出させるのと、
どちらが有利か?
言うまでもないよね?^^

そう。ボロは相手に出させるべきなのだ。

では、こちらが主張したいことは、伝えなくていいのか?
そんな事はあるまい。
そもそも主張したいことを伝えなくては、
それは単なる泣き寝入りだ。

かと言って会話の中で主張すると、つい「ボロ」を出してしまう。
それなら、ボロを出さない様に、気をつけながら、
ボロが出たら、その部分は修正をしながら、
冷静に、主張をすればいい。
交渉のやりとりの中でそれをする事は非常に難しい。
そう!文書にすればいいのだ。
相手の主張は聞けばいい。
こちらの主張は改めて落ち着いて文書ですべし!

この手法で交渉に負けることなど、
正しい主張をする限り、あり得ない。

「貸した金を返せ。」
「払うべき金を払え。」
これらの主張、負けようのない主張である。
それなのに、泣き寝入りする人の何と多いことか!!

この手順を踏めば、
その泣き寝入りは、確実に回避できる。



このブログは、
世の中の消費者がもっと賢くなり、
泣き寝入りをしない事を通じて、
「泣き寝入りを前提とした悪いヤツラ」を
社会から淘汰し、
その事をもって、
今より住みよい社会を作る事を目的としています。
人気ブログランキングへ投票をして頂くと、
ランキングの順位が上がり、
たくさんの人がこのブログを訪れてくれます。
泣き寝入りしなくても良くなる為の情報を
惜しみなく発信し続けていきますので、
応援をお願いしますm(__)m


追伸:
このシリーズは需要が少ない様なので、
今回で終わりにします。
ご希望の話題があれば、コメント・メールにてご希望をお寄せ下さい。
また、回収に関する個別の相談に応じています。
相談はメールでお願いします。(フリーでも携帯でも構いません)
借金相談は「サラ金日記」、「借金解決の鬼!」からお願いします。
posted by 鬼 at 09:03 | Comment(25) | 回収の極意〜交渉編〜

2005年09月22日

開き直り対処法

人気ぶろぐランキングへのご支持を得たので、
このシリーズを続けましょう^^

今日は、回収の交渉でやっかいな、
「開き直り」に対する対処法を。

貸した金を返せ!
又は
払うべきものを払え!
と請求する場合、
基本的には厳しい請求をした法が回収率は高い。

ただ、そこで最大のネックとなるのが開き直り。

開き直られてしまっては、
もはや法的回収に移らざるを得ない。

では、開き直りにはどう対処すればいいか。

答え。

無視(笑)

はっきり言って、
開き直りなんか気にしていたらキリがない。
逆に開き直る場合の心理を考えてみて欲しい。

「どうせ法的手段なんか取らないだろう。」
「開き直っておけば、相手はひるむよ。」
「イザとなったら開き直ってやれ。」
「どうせ差押えされる財産なんてないし。」

こんな所だろう?
これに遠慮して、
開き直りを怖がって請求を緩めると、
相手の「思うツボ」なんだわな(笑)
これが逆に、

「え?本当に訴訟起こすの!?」
「開き直ったのに、動じてないよ^^;」
「開き直ったら、本気で怒っちゃった・・マズ^^;」
「え?バイトの給料って差押えできるの!?え!」

となれば、一挙、形勢逆転である。
恐らくは開き直った事を後悔するだろう。
むしろ開き直りを利用すればいいのだ。

開き直りは計画的犯行である。
さらに、
開き直るのは、自分に非がある事を認めているに他ならない。
つまり最後の「ささやかなる抵抗」である。
気にするに足らず。無視すればいい(笑)

「でも、裁判なんて出来ないよ・・」
「事を荒立てずに解決したい・・」

そう思うなら、泣き寝入りしな^^
このブログを読む価値もないよ。

法的回収をする覚悟がないなら、
最初っから回収なんか、諦めろ!だ。
裁判など、訴状1枚出すだけだ。
本屋に行けば、千円や2千円で、
裁判の起こし方の本が売っている。
最近では、訴状のサンプルがCDロムに入って付いている本まである。
便利な世の中だ。
訴状の中身がおかしければ、
裁判所の窓口で書記官が指摘してくれる。
素直にどうすればいいか聞けば、大抵親切に教えてくれる。
ここまでお膳立てされていても動けないなら、
常に泣き寝入りして生きて行け。
私は知らん(笑)

ちなみに、
裁判を覚悟する人ほど、裁判前に解決する事が多い。
裁判を覚悟できない人ほど、裁判をしなければ解決しない。
さぁ、あなたは、どっち!?


このシリーズ、好評ならもっと続けます。
好評のバロメーターは、
ここで判断いたします^^ → 人気ブログランキング


このブログは、
世の中の消費者がもっと賢くなり、
泣き寝入りをしない事を通じて、
「泣き寝入りを前提とした悪いヤツラ」を
社会から淘汰し、
その事をもって、
今より住みよい社会を作る事を目的としています。
人気ブログランキングへ投票をして頂くと、
ランキングの順位が上がり、
たくさんの人がこのブログを訪れてくれます。
泣き寝入りしなくても良くなる為の情報を
惜しみなく発信し続けていきますので、
応援をお願いしますm(__)m
posted by 鬼 at 10:17 | Comment(6) | 回収の極意〜交渉編〜

2005年09月20日

一括請求のタイミング

前回の続きです。

まずは『ぽちっと』を♪ → 人気ブログランキング

一括請求のタイミングは、
早ければ早いほどいい。

かと言って、一括請求などしなくても、
分割で最後までキッチリ払ってくれる人に、
一括請求をする必要はない。当然だが。

その見極めは必要だが、
危険な臭いを感じたら、
一刻も早く一括請求をするべきだ。

サラ金の督促なら、なおの事。
サラ金の督促は、他社との競争だ。
他社より優先して自社に支払ってもらう為に、
他社といかに差別化するかが、
サラ金の督促能力と言ってもいいだろう。

サラ金でなく個人の貸し借りであったとしても、
個人の貸し借りを滞るような相手は、
既にサラ金には借りていると見た方がよい。
そうなると、ライバルはサラ金である。
支払いが滞ると、
条件の厳しい方から優先すて支払うのが人間である。
ただでさえ、サラ金の利率は高く、
個人の貸し借りより取り立ても厳しいイメージがある。
そのサラ金との交渉に勝つには、
サラ金より厳しい取立てをするしかない。
かと言って、あまり阿漕なことをすると刑法に触れる可能性がある。

では、どうするか?
契約でサラ金より高い利率を取り決めていない場合、
サラ金より高い利率に変えればいい。
それを可能にするのが一括請求である。
一括請求をすれば、前回書いた様に、
分割支払いの権利はなくなる。
どうしても一括で払えず、
どうしても分割にしてくれ、という事なら、
その時点で改めて分割支払いの契約を交わせばいい。
その時、サラ金の上限利率は29.2%だが、
個人の貸し借りなら、109.5%まで取れる^^
その間で、サラ金よりも高い利率で契約すればいい。
ただ、相手もサラ金で借りているなら、
年率で契約すると、上限金利については敏感だ。
それなら契約書を年利で書かなければいい。
サラ金は契約書に記載する事項を法律で決められているが、
個人の貸し借りにそんなルールはない。
年利29.2%を1日の利息に換算すると、0.08%である。
年利109.5%なら、1日0.3%である。
例えば、「利率を日賦20銭とする」としてもピンと来ないだろう。
日賦20銭とは、年率73%である。
そして契約書を交わした後に、
「日賦20銭は年利で言えば73%だから、サラ金よりキツいよ。
くれぐれも次からは遅れない様にね^^」
と言ってあげればいい。
「ぎょえ!」となること請け合いだ。

これは貸したお金に限らない。
支払ってもらうべきお金でも、
支払いを待ってくれ、とお願いされた時、
頃合いを見計らって、契約書を交わし、
遅れた場合の利息を厳しく定めておくといい。

一括請求というのは、
次の和解条件を有利に変更する為の、
キッカケにするのが、賢い一括請求である。

注意点は、レベルの低いサラ金の督促の様に、
「脅し」代わりに一括請求をしないことだ。
一括請求をするからには、
相手が折れるまで、何が何でも一括請求することだ。
その後、分割金の支払いがされたとしても、
一括請求である以上、全額完済まで毎日請求する。
それが一括請求である。
返しても返しても請求、請求。
あくまでお上品にである^^
とにかく返しても返しても請求。
これが、結構、効く♪

このシリーズ、好評ならもっと続けます。
好評のバロメーターは、
ここで判断いたします^^ → 人気ブログランキング
posted by 鬼 at 19:40 | Comment(4) | 回収の極意〜交渉編〜

2005年09月17日

一括請求について

お待たせしました。
回収の極意〜交渉編〜

今日はまず、交渉の基本から。

まずは『ぽちっと』を♪ → 人気ブログランキング

貸した金を返してもらう場合、
最終的には法的手段で回収するという手段はあるものの、
はじめの段階では話し合いが基本である。
法的手段で回収するのは、
相手に支払い意思がなくなった場合、
もしくは支払い意思が極度に低い場合である。

はじめの段階の交渉次第で、
法的回収が必要になったり、必要なくなったりする。

貸した金を約束通り返してくれている段階では、
交渉の余地はない。
支払いが滞った時が交渉時である。
これは「期限の利益」という
少し難しい言葉がカギになる。

期限の利益。
これ、何だかわかるだろうか?
サラ金や金融機関に勤めていればわかるだろう。
勤めていない人の為に少し説明すると、
簡単に言えば、
「分割で支払う権利」という意味である。

分割で支払う、という取り決めをしている場合、
「期限の利益」を有している状態である。
それを、
「支払いを滞った場合、期限の利益を喪失する。」
と定めてあれば、
支払いを滞れば期限の利益を失い、
一括で返済しないといけなくなる。
つまり俗に言う「一括請求」である。
「一括請求になりますよ。」
というセリフは、すなわち
「あなたは、分割返済の権利を失いますよ。」
という事である。

このセリフを言われると、
「分割で払えないもの、一括で払えるわけない!」
と反論する人が多いが、
一括請求というのは、
利率が通常利率ではなく、延滞利率になり、
裁判を起こした場合も、全額についての裁判が可能になる。
期限の利益があれば、
仮に裁判を起こされたとしても、
遅れている分割金についてしか争えないのである。

つまり一括請求とは、
裁判を起こす為の前提条件なのだ。

では、裁判を検討する段階で、
「一括請求」をして、効果があるのだろうか?
この段階で一括請求をしても、正直、開き直られる。

一括請求の効果的な使い方。
長くなったので、次回にしよう^^

この続きに興味のある方は『ぽちっと』ね♪ → 人気ブログランキング
posted by 鬼 at 09:45 | Comment(10) | 回収の極意〜交渉編〜

2005年09月16日

回収の極意〜交渉編〜

さて。
私がサラ金で回収をやっていた時のノウハウ。

サラ金社員など、回収を仕事とする人ばかりでなく、
お金を払ってもらう必要のあるケースは、
一般の消費者にも少なからずあるだろう。

と、いう事で、
私が回収をする時に心がけていたノウハウを
皆さんにお教えしよう♪

おお♪待ってましたという方は → 人気ブログランキング

言っとくけど、
本屋さんで「債権回収」に関する本を読んだって、
たぶん書いてないよ^^
私がサラ金時代、回収のやり方を勉強しようと
本屋さんで何度も探したけど、
本屋さんにある回収のノウハウ本では、
こういう事は書いてなかったからね。

こんなノウハウ、
お金で買おうと思うと、
セミナーなんかだと数万円、
さらにマスターするまでのサポートを付けると数十万円、
そのくらいは取られるノウハウだよ^^

それを、今回なんと!
法的回収の為の、
支払督促・訴訟・強制執行、
それぞれの書式の雛形も付けて、
e-bookで39,800円!!

さらに、「回収の鬼!」読者特典として、
9/末日までの申し込みに限り、
感想ハガキの返信を条件に、
モニター価格の19,800円でご提供!!

・・・
なぁ〜〜んて(笑)

でも、回収したいお金があって、
どう回収していいかわからず泣き寝入りしようかと迷っている人には、
そのくらいの価値はあると思うけどね^^

しかし、回収の鬼!では惜しみなく記事にしちゃいます♪
これ、サラ金日記の雑誌掲載記念ってことで♪
サラ金日記もよろしくね^^

記事アップは、ランキングへ『ぽちっと』頂いたら検討します^^
posted by 鬼 at 15:07 | Comment(11) | 回収の極意〜交渉編〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。