2005年09月12日

サービス残業と残業について

今日は、サービス残業について、
少し掘り下げて考えてみた。

人気ランキング1位はどこだ!?^^

サービス残業は違法です。
こりゃ、間違いない^^

では、残業は違法でしょうか?
ま、残業をする側は違法ではないよね。
でも、させる側は違法なんです。

え!?
と思いませんでしたか?
実は、残業をさせたら、それだけで違法なんです^^;

労働基準法によると、
1日8時間、1週間で40時間を超えて従業員を働かせると、
それだけで、既に違法なんです!

ただ、それでは仕事にならない、という事で、
こんな場合は認めよう、という例外を作っています。
特殊な職種でない限り、
基本的には36協定という決め事を作っていないと、
会社は従業員に残業をさせる事すらできません。

そして、36協定を作っている場合でも、
1ヶ月45時間、
1年で360時間までしか残業させる事はできません。
従業員が「残業させてぇ〜〜!」と言ってもダメなんです!

確かに、従業員の給料を値切る目的で
サービス残業をさせる会社もあります。
しかし、そうでない会社もあります。

能力のない人間に無駄に給料を払うくらいなら、
優秀な人間だけを残して、
優秀な人間に仕事をしっかりやってもらい、
それに見合う残業手当も付けてあげたい・・・。
そういう社長さんだって、たくさんいるはずです。

それが何故、法律上、こういう事になっているのでしょう?

これは、過労死などの「働きすぎ」に原因があるようです。
帰りたくとも帰れない。
過酷な労働条件でこき使われ、
それが原因で死んでしまった・・・
そんな人が続出するのを防ぐ目的で、
その様な規定ができた様です。

が・・・
1ヶ月45時間程度の残業で、
死にますか!?
1年360時間程度の残業で
死にますか!?
その程度の残業で、
景気、良くなりますか!?

ここにも、
被害者が被害者をアピールするが為に、
被害者が加害者となった図式が見て取れます。

過労死するぐらいなら、
その前に、自分で「しんどい」「疲れた」と言えないか!?
それが言えない職場環境だったとすれば、
それは別のところに問題があるのではないか!?

もし、そこまでして稼ぐ必要に迫られていたとしたら、
残業が出来なかったら、
夜はアルバイトをしたりして、
結局、労働時間は減らす事は出来ないのでは!?

被害者も被害者だが、
それを真に受けて、法律や制度を改悪してしまう、
政治家や行政・・・
もう少し、マジメに考えて欲しい。

選挙は終わったが、
こういう身の回りの身近な問題、
こういう「決め事」を、
国会や行政が決めているという事を認識して、
普段から、興味を持って見ておいて欲しい。

結果、
残業した分の残業代を払わないのは確かに違法だが、
残業をさせた時点で既に違法なのである。
会社には、この点、逃げ道がないのだ。

そうなると、もはや逃げ道は、
「残業をしていなかった♪」
とするしかないのである。

これが、サービス残業の、根本的な問題だ。
人間、少々無理をしたって、そうそう簡単には死なない。
死にそうになったら、自分から言おうよ^^
法律で残業時間の上限を無理矢理決めるのは変だ。

固定給など上がらないんだ。
給料を増やすには残業するしかない。
それが出来ないなら、バイトするしかないんだ。
それのどこが過労死の抑制になるんだ!?

政治家よ!
バカな法律を作るな!
国民よ!
バカな法律に気付け!
被害者よ!
自分の身を守る為に、
周りを引きずり込むのはやめろ!



このブログは、
世の中の消費者がもっと賢くなり、
泣き寝入りをしない事を通じて、
「泣き寝入りを前提とした悪いヤツラ」を
社会から淘汰し、
その事をもって、
今より住みよい社会を作る事を目的としています。
人気ブログランキングへ投票をして頂くと、
ランキングの順位が上がり、
たくさんの人がこのブログを訪れてくれます。
泣き寝入りしなくても良くなる為の情報を
惜しみなく発信し続けていきますので、
応援をお願いしますm(__)m




追伸:

だからと言って、
サービス残業が違法である事には変わりありません。
残業したのに払ってもらっていない分は、
ガッツリ回収してね^^

ガッツリ回収した、鬼より(^O^)v
posted by 鬼 at 12:25 | Comment(12) | サービス残業

2005年08月19日

給料倍返し!

泣き寝入りが常の今の世の中。

泣き寝入りをせず、裁判を起こせば、
裁判官から「ごほうび」がもらえる事がある。

知ってる?

普通「ごほうび」がもらえる情報を手に入れようと思ったら、
大抵、お金を取られるよ^^
それが何と!私の博愛心によって
ブログランキングへの『ぽちっと』だけでいい、らしい♪
これは押すっきゃないだろう!→人気ブログランキング

その裁判とはズバリ!給料の未払いである!

サービス残業をさせられ、
納得できず、退職と同時に請求・・・

本来支払うべき給料を支払っていない場合、
裁判所が、会社が悪質だと判断すれば、
「ごほうび」がもらえる事がある。

「ごほうび」と言っても、裁判所がくれるわけではない。
会社に対して、余分に払え!と命じてくれるのである。

例えば未払いの給料が100万円あり、
会社が思いっきり悪質だ、と判断された場合、
「ごほうび」の額は、最高100万円!!
つまり、未払いの額と同額まで支払いを命じてくれる事がある。

ちなみに未払い賃金の請求は、2年で時効。
サービス残業代なども、2年前までしか遡れない。
私個人の考えとしては、
賃金の未払いは違法なわけだから、
不法行為に基づく損害賠償として請求すれば、
時効は3年に延びると思うのだが、
「3年分請求できる!」と言い切ってくれた弁護士は一人もいなかったので、
恐らく難しいのだろう。
民法の時効規定が一般法なのに対し、
労働基準法が特別法に当る、との解釈なのかな?

とにかく、未払いの給料を請求するには、
一刻も早く請求する事!
古い給料から順番に、毎月1ヶ月分ずつ、
時効で消えていくからね^^;

ちなみに、裁判の事を勉強するまでの時間稼ぎがしたければ、
とりあえず内容証明で請求しておこう!
時効の成立を半年間だけ保留に出来るゾ!


「サービス残業代は、
裁判を起こして、倍返し請求!」


これが合言葉だ!忘れるな!


このブログは、
世の中の消費者がもっと賢くなり、
泣き寝入りをしない事を通じて、
「泣き寝入りを前提とした悪いヤツラ(世の大半の企業など)」を
社会から淘汰し、
その事をもって、
今より住みよい社会を作る事を目的としています。
人気ブログランキングへ投票をして頂くと、
ランキングの順位が上がり、
たくさんの人がこのブログを訪れてくれます。
泣き寝入りしなくても良くなる為の情報を
惜しみなく発信し続けていきますので、
応援をお願いしますm(__)m


次回は、どのジャンルの記事が読みたいですか?
ランキングに『ぽちっと』してくれた方のご要望にお応えします^^
posted by 鬼 at 09:00 | Comment(12) | サービス残業

2005年08月03日

サービス残業

残業代。
残業したら、残業手当をしっかりもらっていますか?

今日も役立つ情報を更新します♪
ランキングにも『ぽちっと』ご協力お願いしますm(__)m

定時までに仕事が終わらないのは、その社員の責任だ。
サービス残業をするのは、勝ち組のサラリーマンにとって当然だ。
出金簿は自己申告制だから、後から請求はできない。
営業手当をもらっているから残業手当は請求できない。
役職手当をもらっているから残業手当は請求できない。
辞める覚悟がないと請求できない・・

そう思っていませんか?
それって、本当ですか?(ニヤリ)

サービス残業をしている職場の改善には、
労働基準監督署への通報が効果的なのは知ってるよね?

通報には2通りあるのは知ってる?
名前を名乗って通報するのと、匿名で通報するの。
名前を名乗って証拠を添えて通報すると、会社に調査に入ってくれる。
事実が確認されると、是正勧告が出て、
今後、残業をさせた分はキッチリ支払うように行政指導がされる。
さらに全従業員に対して、過去数か月分程度のサービス残業代を払うように
勧告がなされる事もある。
思わぬ臨時収入が見込めるというお話だ♪

ただし、これにはデメリットがある。
誰が労働基準監督署に通報したのか、名前が会社に知れる事だ!
それを理由にその従業員に不利益な扱いをする事は禁じられている。
とは言え、出世などは見込めなくなるのが現実だ。

一方、匿名の通報の場合、
労働基準監督は、まずまともに動いてはくれない。
匿名でも通報できる事にはなっているが、
通報者が匿名だけに、通報者への報告義務も当然ない。
つまり、動いているかどうか、確認のすべがないのだ。
確認のしようがない仕事をマジメにやる程、お役所というのは良心的な所ではない^^;

では、会社に居づらいのを覚悟で通報するか、
動くかどうかわからない匿名で通報するか、
2つに1つしかないのか・・・?

い〜や、実はもう一つあるのだ♪
労働基準監督署には名前を名乗って通報し、
会社には匿名にしてもらうやり方である^^

ただしこの場合、自分の出勤状況の証拠だけでは動いてくれない。
会社に名前を知らせる場合、自分のサービス残業を証明するだけで良いが、
会社に匿名にする場合には、会社ぐるみのサービス残業の証拠をつかまなければならない。

では、サービス残業の証拠をつかむのは難しいのか!?

例えば、会社でパソコンを使用している場合、
ログイン・ログオフデータがあるはずだ。
そのデータを取り寄せれば、
従業員が会社にいた時間が証明できる。
また、電話を頻繁に使う仕事であれば、
電話の発着信履歴などから、在社時間が証明できる。
案外、従業員が会社にいた時間を証明することは可能なものである。

また、本人はサービス残業を承諾していて、通報する意思がない場合、
体の健康を気遣う家族からの通報も可能なのは知っているかい?
本人にすら内緒のまま通報ができてしまうのだ!
会社で働く男というのは、案外サービス残業には泣き寝入りするものである。
そのご主人を守れるのは、奥さん!あなたしかいないかも知れませんよ!

今日の記事はお役に立てたかな?
立てたら→人気ブログランキング♪
出来ればこっちも^^→借金ブログランキング

次回の記事は思案中です。
関心のある「泣き寝入り」について、
リクエストがあれば、その内容にて記事のアップを検討します^^
是非、コメント、メールにてリクエストお願いしますm(__)m
posted by 鬼 at 00:30 | Comment(7) | サービス残業
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。