2005年09月29日

離婚は早まるな!

今日は、離婚についてのテーマを一つ。

離婚は早まるな!」だ。

離婚をする時っていうのは、
ついつい感情的になってしまうもんだ。
確かに話題が話題だけに、仕方ないかも知れないけど^^;

でも、離婚は感情に任せて勢いでしちゃダメ!
慰謝料も養育費もどうでもいいから、とにかく別れて!
なんて・・・ダメだよ!^^;

確かに、とにかく離婚して、
後から慰謝料や養育費を請求してもいい。
でも大変だよ。
人気ブログランキングの法律カテゴリーには、
法律家が一杯いるから、
そういう事なら任せろ!って人も一杯いるでしょう。
でもね、わざわざ大変な事しなくってもサ^^;

離婚を決意したら、
まず、これをやっておけ!!

あなたが家計を管理しているなら、
配偶者の名義で管理しているお金、
全部、あなたの名義に移し替えておけ!(笑)

返せ!と言われたら、
あなたの取り分を相殺して、残りを返せばいい♪

弁護士に裁判を依頼して取るのもいいだろう。
でも、そんな事しなくても、簡単に取れる方法があるのだ。
金は、握っている方が断然強いのである。



このブログは、
世の中の消費者がもっと賢くなり、
泣き寝入りをしない事を通じて、
「泣き寝入りを前提とした悪いヤツラ」を
社会から淘汰し、
その事をもって、
今より住みよい社会を作る事を目的としています。
人気ブログランキングへ投票をして頂くと、
ランキングの順位が上がり、
たくさんの人がこのブログを訪れてくれます。
泣き寝入りしなくても良くなる為の情報を
惜しみなく発信し続けていきますので、
応援をお願いしますm(__)m
posted by 鬼 at 04:45 | Comment(7) | 男女のトラブル
この記事へのコメント
なかなか鋭いご意見ですね
法律上、夫婦の財産は共有なので名義は関係ないのですが、実務上は握っている人間が隠してしまえば、なかなか開示は難しいですからね〜
Posted by 「離婚サポーター」露木幸彦 at 2005年09月30日 21:59
露木さん
少し勘違いされているかも^^;
確かに夫婦の財産は共有ですが、
それはあくまで夫婦が共同で作った財産に限って言える事であって、
例えば結婚前に奥さんが作った貯金などは奥さんの財産です。
「隠す」わけではありません。
正当に主張するだけの話です。
夫の借金を奥さんの貯金で穴埋めした様な場合、
婚姻中にご主人の収入から、奥さんの個人貯金に補填するのは、
「当然の行い」であって、「隠す」という表現は不適切です。
「離婚サポーター」を名乗るのであれば、
そういう不適切な表現はいかがなものかと^^;
Posted by at 2005年10月01日 12:57
鬼さん、こんにちは。
私にとってとてもタイムリーなお話だったので、考え深く今回の記事を拝見させて頂きました。
と、言いますのも今まさに妹が離婚問題で色々と忙しくしているからなんです・・・。
妹の夫が職場不倫を続けていまして、妹は夫と不倫相手の女性に対して慰謝料請求をしてから離婚の方向で考えています。
妹は早く離婚がしたいと言っていますが、後々大変になるのが目に見えているので私は慰謝料等が決まるまでは我慢しろと言うしかありません。

今回の記事もためになりました!
ポチっと。
Posted by ソラ at 2005年10月03日 10:50
ソラさん
ブログ読ませて頂きました。
妹さんのご主人、けしからん男ですが、
浮気相手に惚れてしまったのでしょうから、
こればっかりは今更どうにもできないでしょう。
それなら、大切なのは今後の対応ですね。
年金や保険関係の準備も必要ですし、
役所の福祉課などに母子相談員がいますので、
離婚前に何を準備しておくべきか、
相談してみるといいと思いますよ。
Posted by at 2005年10月03日 11:29
初めまして。夫の暴力から七月に逃げ、現在、子供二人と生活保護になりました。
離婚調停中で、生活保護だと、婚費も養育費も無しが普通でしょうか?
弁護士さんも調停委員も、お金取っても生活保護に渡すだけだから・・という感じでした。
だからと言って夫は何の義務もしないで済むのはおかしいと思いますが。。

夫は、調停中ずっと、お金は払ってません。
娘との面接を要求してますが、鬼さんの言うように、現在、悪意の遺棄ではないのでしょうか?
お返事頂けたら、嬉しいのですが。
よろしくお願いします。
Posted by りの at 2006年12月07日 09:41
りのさん

「何が正義か」という問いかけは、
時として人を不幸にします。
幸せを求めるのであれば、
正義を追求する考えを時として棚上げする必要があります。

「別れたご主人の父としての正義」など、
あなたが追求し得る正義ではありません。
その正義を追求するのであれば、
「自分自身の母としての完璧な正義」を果たさなければなりません。
あなたは「完璧な正義」を実現できますか?
あなたが聖人君子でない限り、それは無理でしょう。

「父としての正義」を
別れた相手にまで執拗に求めるのであれば、
その実現不可能な「完璧な正義」を自分は実現していないという、
自己中心的な考えを自ら持っているという葛藤から逃れることは出来ません。

結局、正義を必要以上に追求すると、
最後は「幸せから遠のいた人生」を選択することになります。

自己の矛盾を許してあげるためにも、
他人のエゴをも許してあげる寛容さも時には必要ではないかと。

記事を書いていた頃の私の発言とは矛盾するかも知れませんが、
最近の私はそうした考え方に変わりつつあります。
ご期待の回答とはかけ離れたお返事お許し下さい。m(__)m
Posted by 鬼 at 2006年12月07日 11:42
ありがとうございます!
前の夫と離婚した時、養育費もらわなかったのです。鬼さんのおっしゃる、子供の貰う権利を、私はしませんでした。
とても勉強になりました。これからは、頑張りたいと思ってます。ありがとうございました。
Posted by りの at 2006年12月07日 13:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。