2005年09月17日

一括請求について

お待たせしました。
回収の極意〜交渉編〜

今日はまず、交渉の基本から。

まずは『ぽちっと』を♪ → 人気ブログランキング

貸した金を返してもらう場合、
最終的には法的手段で回収するという手段はあるものの、
はじめの段階では話し合いが基本である。
法的手段で回収するのは、
相手に支払い意思がなくなった場合、
もしくは支払い意思が極度に低い場合である。

はじめの段階の交渉次第で、
法的回収が必要になったり、必要なくなったりする。

貸した金を約束通り返してくれている段階では、
交渉の余地はない。
支払いが滞った時が交渉時である。
これは「期限の利益」という
少し難しい言葉がカギになる。

期限の利益。
これ、何だかわかるだろうか?
サラ金や金融機関に勤めていればわかるだろう。
勤めていない人の為に少し説明すると、
簡単に言えば、
「分割で支払う権利」という意味である。

分割で支払う、という取り決めをしている場合、
「期限の利益」を有している状態である。
それを、
「支払いを滞った場合、期限の利益を喪失する。」
と定めてあれば、
支払いを滞れば期限の利益を失い、
一括で返済しないといけなくなる。
つまり俗に言う「一括請求」である。
「一括請求になりますよ。」
というセリフは、すなわち
「あなたは、分割返済の権利を失いますよ。」
という事である。

このセリフを言われると、
「分割で払えないもの、一括で払えるわけない!」
と反論する人が多いが、
一括請求というのは、
利率が通常利率ではなく、延滞利率になり、
裁判を起こした場合も、全額についての裁判が可能になる。
期限の利益があれば、
仮に裁判を起こされたとしても、
遅れている分割金についてしか争えないのである。

つまり一括請求とは、
裁判を起こす為の前提条件なのだ。

では、裁判を検討する段階で、
「一括請求」をして、効果があるのだろうか?
この段階で一括請求をしても、正直、開き直られる。

一括請求の効果的な使い方。
長くなったので、次回にしよう^^

この続きに興味のある方は『ぽちっと』ね♪ → 人気ブログランキング
posted by 鬼 at 09:45 | Comment(10) | 回収の極意〜交渉編〜
この記事へのコメント
始めまして・・・。
全然ジャンルは違うのですがランキングから
遊びにきましたm(_ _"m)ペコリ
『ミナミの帝王』が大好きで、ちょっと興味あったんで・・(爆)
続きにも興味大ですプー!(*≧m≦)=3
また期待してますので
ポチとしました(;^_^A

期待と応援です。
頑張って下さいねぇ〜
また遊びにきますネ!!
Posted by 秘密のおこづかい★°'・:*:・'°☆。.:*はぁ〜と at 2005年09月19日 09:57
秘密の・・・さん
ありがとうございます♪
ただ、貴ブログについては、
モラルのないサイトへのアフィリエイトが多数見受けられたので、
残念ですがURLは削除させて頂きました
m(__)m
Posted by at 2005年09月19日 10:48
専門家のお話を聞くのは為になります。
本当に裁判って正しいから且つって物でもないし。
明日別件で弁護士さんに相談に行くけど、本当にどうりが通らない事も世の中いっぱいありますね。
又勉強に来ます。
ランキング、クリックしておきますね(^o^)丿
Posted by SAYAKAママ at 2005年09月20日 15:23
SAYAKAママさん
そうですか。
努力の方向を間違えない様にね^^;
誇大広告にはリンクは貼りませんので、
URLは削除しますね♪
Posted by at 2005年09月20日 17:22
『期限の利益』わかりにくい言葉ですね^^;
少し延滞したことがあるのですが、電話で「一括請求するぞゴルァ」って言われたのは、今から考えればこのことだったのですね^^;
皆様支払いも計画的に、送れずに払いましょう。。。続き気になりますポチm(__)m
Posted by りな at 2005年09月20日 19:45
りなさん
その後、継続して完済するまで一括請求されましたか?
その後、今まで通りの分割請求に戻っていたら、
期限の利益を「再度付与」された事になります。
大抵のサラ金担当者は本気で一括請求などしませんよ。
私の回収ノウハウは、
サラ金担当者としては、かなり邪道なので^^;
期限の利益を再度付与された場合、
「期限の利益は喪失しなかった」
と考えて差し支えありません。
また、例えば10日遅れで一括請求され、
その後、期限の利益が再度付与された場合、
何度も同じやり取りを続けていると、
次に別の機会に7日遅れで一括請求されたとしても、
それはまた分割金の入金をすれば、
また今回も期限の利益を再度付与される、
という「暗黙の了解」が成立していると考えられ、
始めから期限の利益は喪失していない、
と考える事もできます。
脅しの一括請求はデメリットになり得る場合もあるのです。

って、ちょっと難しかったかな^^;
Posted by at 2005年09月20日 20:34
その言葉が出たのはそのとき一回限りでしたので、脅しですね^^;
「期限の利益は喪失しなかった」ようですね。
鬼さんの回収が邪道???
その邪道(といわれてる)が回収率抜群なんですよね^^
私も過払いを回収する立場になりましたのでそのセンスあやかりたいな〜と思ったり、
取立てを受ける側だった過去を反省しながら振り返ったり複雑な思いで、
記事を読んでいます。
今後も楽しみにしています♪

Posted by りな at 2005年09月20日 21:43
りなさん
思いっきり邪道扱いでしたよ^^
部署の責任者にも、
「勝手な事をするな」という扱いでしたからね(笑)
未だにサラ金は「根性論」が主流です。
合理的な回収は、社員教育上よろしくない様です。
ノーと言えない社員が欲しい業界ですので(笑)
Posted by 鬼 at 2005年09月20日 23:43
根性論(笑)
ホントそうかもしれません。
過払いなど電話交渉してじかに接すると
電話交渉のサラ金社員さん、上に言われるがままに無理やり過払い必死に阻止しています^^;業界のこと知りませんが、
鬼さんのような人が社員教育してお上品に回収率上げるほうがよっぽど企業の利益が上がると思います。
鬼さんがサラ金辞められたのは会社にとっては大きな損失だったでしょうね。
Posted by りな at 2005年09月22日 01:27
りなさん
それをするには、
貸付基準を見直したり、
経営方針を大幅に変える必要があります。
サラ金業界は未だにバブル発想です。
消費者金融市場は既に供給過多です。
供給過多になれば、
次は業務縮小するか、
新しい価値を生み出す必要がありますが、
今のところゼロサムゲームを続けているだけです。
・・・^^;
こういう経営方針にまで意見を言う社員は、
会社にとっては士気が下がるので邪魔でしょう(笑)
サラリーマンというのは、
与えられた仕事を、黙ってやっていればいいのです(笑)
Posted by 鬼 at 2005年09月22日 07:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。