2005年09月12日

サービス残業と残業について

今日は、サービス残業について、
少し掘り下げて考えてみた。

人気ランキング1位はどこだ!?^^

サービス残業は違法です。
こりゃ、間違いない^^

では、残業は違法でしょうか?
ま、残業をする側は違法ではないよね。
でも、させる側は違法なんです。

え!?
と思いませんでしたか?
実は、残業をさせたら、それだけで違法なんです^^;

労働基準法によると、
1日8時間、1週間で40時間を超えて従業員を働かせると、
それだけで、既に違法なんです!

ただ、それでは仕事にならない、という事で、
こんな場合は認めよう、という例外を作っています。
特殊な職種でない限り、
基本的には36協定という決め事を作っていないと、
会社は従業員に残業をさせる事すらできません。

そして、36協定を作っている場合でも、
1ヶ月45時間、
1年で360時間までしか残業させる事はできません。
従業員が「残業させてぇ〜〜!」と言ってもダメなんです!

確かに、従業員の給料を値切る目的で
サービス残業をさせる会社もあります。
しかし、そうでない会社もあります。

能力のない人間に無駄に給料を払うくらいなら、
優秀な人間だけを残して、
優秀な人間に仕事をしっかりやってもらい、
それに見合う残業手当も付けてあげたい・・・。
そういう社長さんだって、たくさんいるはずです。

それが何故、法律上、こういう事になっているのでしょう?

これは、過労死などの「働きすぎ」に原因があるようです。
帰りたくとも帰れない。
過酷な労働条件でこき使われ、
それが原因で死んでしまった・・・
そんな人が続出するのを防ぐ目的で、
その様な規定ができた様です。

が・・・
1ヶ月45時間程度の残業で、
死にますか!?
1年360時間程度の残業で
死にますか!?
その程度の残業で、
景気、良くなりますか!?

ここにも、
被害者が被害者をアピールするが為に、
被害者が加害者となった図式が見て取れます。

過労死するぐらいなら、
その前に、自分で「しんどい」「疲れた」と言えないか!?
それが言えない職場環境だったとすれば、
それは別のところに問題があるのではないか!?

もし、そこまでして稼ぐ必要に迫られていたとしたら、
残業が出来なかったら、
夜はアルバイトをしたりして、
結局、労働時間は減らす事は出来ないのでは!?

被害者も被害者だが、
それを真に受けて、法律や制度を改悪してしまう、
政治家や行政・・・
もう少し、マジメに考えて欲しい。

選挙は終わったが、
こういう身の回りの身近な問題、
こういう「決め事」を、
国会や行政が決めているという事を認識して、
普段から、興味を持って見ておいて欲しい。

結果、
残業した分の残業代を払わないのは確かに違法だが、
残業をさせた時点で既に違法なのである。
会社には、この点、逃げ道がないのだ。

そうなると、もはや逃げ道は、
「残業をしていなかった♪」
とするしかないのである。

これが、サービス残業の、根本的な問題だ。
人間、少々無理をしたって、そうそう簡単には死なない。
死にそうになったら、自分から言おうよ^^
法律で残業時間の上限を無理矢理決めるのは変だ。

固定給など上がらないんだ。
給料を増やすには残業するしかない。
それが出来ないなら、バイトするしかないんだ。
それのどこが過労死の抑制になるんだ!?

政治家よ!
バカな法律を作るな!
国民よ!
バカな法律に気付け!
被害者よ!
自分の身を守る為に、
周りを引きずり込むのはやめろ!



このブログは、
世の中の消費者がもっと賢くなり、
泣き寝入りをしない事を通じて、
「泣き寝入りを前提とした悪いヤツラ」を
社会から淘汰し、
その事をもって、
今より住みよい社会を作る事を目的としています。
人気ブログランキングへ投票をして頂くと、
ランキングの順位が上がり、
たくさんの人がこのブログを訪れてくれます。
泣き寝入りしなくても良くなる為の情報を
惜しみなく発信し続けていきますので、
応援をお願いしますm(__)m




追伸:

だからと言って、
サービス残業が違法である事には変わりありません。
残業したのに払ってもらっていない分は、
ガッツリ回収してね^^

ガッツリ回収した、鬼より(^O^)v
posted by 鬼 at 12:25 | Comment(12) | サービス残業
この記事へのコメント
友人に月300時間働いている人がいます。
といっても、繁忙期の数ヶ月のようですが、月平均は250時間くらいだそうです。
聞くところによると、月400時間の人もいるとのこと。
一度、「あまりに忙しいからこっちに来ない?」
と誘われましたが、さすがに300時間は無理。。

ちなみにその人たちはバイトなので、その分のお給料はもらっているみたいです。
Posted by 花 at 2005年09月12日 22:51
花さん

>その人たちはバイトなので、

よく、正社員とバイトでは
労働基準法上の規定も違うと
勝手に思い込んでいる人もいる様ですが、
バイトだからパートだからと、
雇用条件が変わるわけではないのですよ^^;
バイトは「定時が決まっていない」というだけで、
1日8時間を超える分については
正社員と同じ規定が当てはまりますし、
割増賃金がもらえるし、
バイトだって、
そこまで労働時間が長いのであれば、
正社員と同じく、
有給休暇もしっかりもらえるんですよ^^
何事も、知らないままでは大損をします。
Posted by 鬼 at 2005年09月13日 09:28
過労死するほど残業するなんておかしい。
それだけ、会社に対して従順と思っていても
会社は亡くなった人の代わりを見つけて次第に忘れてしまうからね。;

http://osaka-rodo.go.jp/joken/jikan/aramasi/kanri.php

管理職=管理監督者という考え方に沿えば
ここを参考にすると管理職といわれている人も自分は実は管理職で無いと感じる人も多いのではないのかな。
管理職といわれて残業代がつかないというのは会社の勝手な都合ですよ。
Posted by gigshark at 2005年09月13日 12:52
gigsharkさん
そうですね。
残業代が付かないのは、
「残業」という報酬が相応しくない、
経営陣にのみ本来適用されるもので、
少なくとも、
管轄する部署では人事権が与えられていて、
上司から出退時間の管理をされていない事が前提ですね。
課長や係長クラスでは、通常管理監督者とはされませんね。
あと、外回りの営業マンなど、
営業手当の支給があって、歩合給があるから、
という理由で残業手当が付かないのが当然とされていますが、
営業手当が残業手当的な意味合いであって、
さらに実残業時間分よりも多くの営業手当てが支給されていない場合は、
これも請求できます。
会社によって微妙な部分はありますが、
「これっておかしくない?」
と思う様なケースでは、
残業手当が請求できる可能性が濃厚と考えた方がいいですね。
Posted by at 2005年09月13日 13:14
正社員もバイトも雇用条件が変わらないのは知っていました。
ただ、友人はバイトだから有給休暇がないと思っていたようです。
「もし有給休暇があったとしても、とりづらい」みたいな事を言っていました。
人間関係が複雑なようですが、その前に体を壊さないようにしてほしいものです。
Posted by 花 at 2005年09月13日 23:19
 会社に組合があるかないか、だけでも全然違うと思います。

>残業手当が請求できる可能性が濃厚と考えた方がいいですね。

 会社(経営者側)は人事権をもってますから、ちょっとでも社員が気に入らないことをしたら、飛ばされる可能性がでてきますね。

 手に職もなく、会社で積み上げてきたキャリアや給料も捨てたくない、妻も子供も養っていかなきゃならないから、きにいられないことされても、辞めるに辞められない。

 だからそういうリスクを犯してまで請求できるかどうかそういう問題もでてくるんでしょう。 
Posted by アリストテレス at 2005年09月13日 23:34
花さん
バランスが難しいところですね^^

Posted by 鬼 at 2005年09月13日 23:49
アリストテレスさん
そういう場合に有効なのが、
以前の記事に書いた↓
http://kaisyuu.seesaa.net/article/5488190.html
匿名での通報です。
労働基準監督署には名前を名乗って、
会社には匿名で通報をする方法です^^
Posted by at 2005年09月13日 23:51
 ありがとうございます。あとはやるかやらないかは度胸だけですね。
Posted by アリストテレス at 2005年09月15日 23:27
アリストテレスさん
そうだと思います。

また、制度上やむを得ずの会社もありますが、
従業員を軽く扱う残業に関しては、
その会社の将来性を考えると、
辞める覚悟をしてでも権利は主張すべきです。
どうせ、そんな会社、長くは持ちません。
Posted by 鬼 at 2005年09月16日 00:22
はじめまして。たかしーと申します。

「回収の鬼」というタイトルに引かれてお邪魔しました(^ ^)/どの記事も中身が濃くて、とても勉強になります!

しかも、サービス残業代も回収と位置づけるとは・・。さすがは金融業者の方ですね〜。

ちなみに私は、サービス残業代請求の裁判をした経験がありますので、色々とブログで発信しています。よかったら遊びに来てください。私も是非またお邪魔させて頂きますね〜。
Posted by たかしー at 2005年10月18日 11:30
たかしーさん
はじめまして^^
訴訟をしたのですか♪
私は提訴前に任意和解してしまったので、
訴訟は未経験です。
付加金は認められましたか?
付加金がどの程度認められるのか、
そこの部分がよくわからないので興味があります^^
Posted by 鬼 at 2005年10月19日 20:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。