2005年08月18日

お水の女〜下〜

さて・・・

例のホステス。
ホストに入れあげ、支払いに回すお金がない。
そう言いつつ、ホストには通うわけだ。
お金がないのではなく、ホストにお金を使いたいだけの話。

そんなホステスが、
ホストクラブにみすぼらしい格好で行くだろうか?
当然、ブランドスーツにブランドバッグで身を固め、
私がこの街のナンバー1よ!と言わんばかりの出で立ちで
ホストに会いに行くのではないだろうか?
食事をカップラーメンで済ませてでも、
身に着けるものにはこだわるはずである。

そう!はづきさん!正解です!
動産執行です!
つまり、家財道具の差押えです。
生活必需品は差押え出来ませんが、
ブランドバッグや毛皮のコートなどは生活必需品ではありません。

この場合、
普通に質屋に持ち込んだ場合より、
相当安く買い叩かれるそうです。
(質屋の利用経験がないので、真偽の程はわかりません^^;)
とは言っても、
ホストクラブに通いつめるホステス。
それなりの金額にはなるでしょう^^

と思っていたら、執行官に同行した支店の社員から連絡がありました。
「少し時間をくれたら全額用意するので、差押えは待ってくれないか?」
と言っている、との事。

やっぱりね^^
差押えなんてのは、実はこれが本当の狙い♪
直接、私の部署あてにホステスから電話を入れさせ、
任意の支払いによる完済、という事で、
差押えは取り下げ。

当社契約条件での残高、約100万、
差押え債権額、約40万、

「任意の」和解金額、
私の厚い情により、80万(笑)
何?違法じゃないのか、って?
いいの。「任意」だから(笑)

裁判所には「取立完了届け」を出すのではなく、
単に「取下げ」するだけだから^^

でも考えてみて♪
取り下げずに差押えを続行していたら、
そのホステスは失ったブランド品を揃え直すのに、
80万じゃ足りなかったと思うよ^^


このブログは、
世の中の消費者がもっと賢くなり、
泣き寝入りをしない事を通じて、
「泣き寝入りを前提とした悪いヤツラ(世の大半の企業など)」を
社会から淘汰し、
その事をもって、
今より住みよい社会を作る事を目的としています。
人気ブログランキングへ投票をして頂くと、
ランキングの順位が上がり、
たくさんの人がこのブログを訪れてくれます。
泣き寝入りしなくても良くなる為の情報を
惜しみなく発信し続けていきますので、
応援をお願いしますm(__)m


次回は、どのジャンルの記事が読みたいですか?
ランキングに『ぽちっと』してくれた方のご要望にお応えします^^
posted by 鬼 at 10:13 | Comment(15) | 貸金回収
この記事へのコメント
ん〜、なるほど!
動産差し押さえでしたか。
でも、良く考えたら過去記事に
ありましたね^^;
まだまだ、自分のものに出来ていないな。
反省・・・orz。

あ、私のIPも変化してるみたいですね。
前にジャイアンさんから書き込みありましたけど、私もワイヤレスLAN使ってます。不正アクセス防止のために自動的に変わるのかな?
Posted by gigshark at 2005年08月18日 11:20
記事のご要望ないですか?
何を書けばいいか迷ってます^^;
help me!
Posted by at 2005年08月18日 11:40
ん〜。と
詐欺被害にあった方々って
最終的に泣き寝入りしているのかな?
民事訴訟も刑事訴訟も当然あるだろうけど
お金はどうなるのかな?
Posted by gigshark at 2005年08月18日 12:02
詐欺ですか!
その詐欺の形態にもよると思いますが、
どうでしょうねぇ?
詐欺に関して詳しい方か、
経験のある方のご意見を伺いたいですね。
コメントで頂ければ幸いです^^
また、私も色々と調べてみます♪
ただ、時間を下さいm(__)m
Posted by at 2005年08月18日 12:35
なるほど〜。
ブランドモノは生活必需品じゃないですね!
でも「商売道具です」って言われたら・・・?と勘繰ってしまいました。

記事の要望ですが、今日のニュースで「大阪の調停屋を逮捕」っていうのがありましたが、どうでしょう?
記事を読めばそれまでですけど、私も知らなかったら騙されてたかも・・・と思います。
サラ金日記向けのネタでしょうかね。
Posted by mana at 2005年08月18日 16:42
仕事の区切りが付いたので、遊びに来ました。

あ〜っあ〜!「お水の女〜下〜」が出てる。しかも、完結している。
そんな〜。夜も寝ずに切り取り方法をせっかく考えたのに(…嘘)

それはさておき、聞いた話ですけど、給料の未払いを回収するには、
どうしたならいいでしょうか?…しかも、極悪な経営者から。
社長は給料は必ず払いますと嘘ばっかり。時間稼ぎをして、雲隠れ。
労働基準監督局へ駆け込んだ時には、その社員は首。1週間後に事務所移転。
そのため、書類一式手元に無し。
一応、有限会社であるけれど、その1ヵ月後には、自主倒産…解散?
その社員は、弁護士さんの所へ。
しかし、社長の自宅の住所には、別人がいました。
主だった資産も無く、途方にくれる弁護士さん。
あきらめるしか無いのか?145万円。
…あっ、聞いた話ですよ。念のために!

こんなような、お題どうでしょうか?

この人のお題でなくても、給料の未払い=トンズラ経営者から回収する方法。
Posted by ヨッコイショ at 2005年08月18日 18:42
manaさんへ
その件については、
私は疑問があります。
確かにその調停やは違法でしょう。
ただ、弁護士が債務整理を受任して、特定調停を代理人として申立てる事もあります。その場合、この調停屋よりも高額な報酬を取ります。
司法書士に関しても、認定司法書士でなければ任意整理を受任できないはずです。しかし認定でない司法書士が受任するケースは結構あります。これは良いのでしょうか?
弁護士や司法書士が、任意整理業務を独占すること自体、独占禁止法に反し、違法です。この事については、裁くのが同じ法律家だからなのか、あまり問題とされません。
また、特定調停のやり方を、直接教えたら違法で、本を出版して間接的に教えた場合は合法なのでしょうか?
この業者は悪質な業者の様ですが、私は法律家の方に、より不当性を感じます。
Posted by 鬼 at 2005年08月18日 18:57
ヨッコイショさんへ
基本的に給料の未払いは、他の債権よりも優先して回収する権利があります。
ただ、社長が行方不明だとか、資産が本当に無い場合などは、実際問題回収は困難でしょう。無いものはどうしようもありませんからね^^;
でも、給料の未払いに関しては、一度改めて取り上げようと思います^^
Posted by 鬼 at 2005年08月18日 19:00
読むに耐えない、くだらないblogが多い中で、この 回収の鬼 blog は本当にいい情報を書いてくれます。

 くだらない荒らしがいて、凹んでいるときもあるみたいですが、それに負けずにがんばってください。このblogが無くなったら、本当にいいblogがまた減ってしまって、楽しみが一つ減ってしまう。
Posted by sarisari at 2005年08月18日 19:13
sarisariさんへ
ベタ褒めですね^^;
ありがとうございますm(__)m
恥じないブログを書いていきます^^
Posted by 鬼 at 2005年08月18日 19:44
いつも楽しみに見させて頂いてお勉強しています。
1つ質問をして良いですか?
質屋の質入した時の利息って月利で4%〜8%ですよね。(店によって違うかも?)
年利に換算したら48%〜96%にもなってしまいますが、その高利は合法なのですか?

質入してまで借りる人少ないのかもしれないけど、借りる人もいるような気がするのでお聞きしました。
Posted by kana at 2005年08月18日 21:47
kanaさんへ
質屋はお金を貸すのが商売ではありません。
貸金業とは分類されていないので、出資法に定める上限利率は109.5%です。
物を担保に取られているのに、無担保の融資よりも高い金利を取られるわけですから、お金を借りる目的で質屋を利用するのは、バカとしか言いようがありません。
貸金業者と比べての利点は、審査がない、という事でしょうか。質草さえあれば、ブラックでも何の問題もない、という事です。
何故、質屋がそんな高い利息を許されているかというと、利息の中には「保管料」が含まれているから、という事の様です。保管してもらうのが目的でなければ、全く無駄な出費ということになりますね^^;
Posted by 鬼 at 2005年08月18日 22:09
早速のお返事ありがとうございました。
ちょっと勉強になりました。
あっ、私借りるつもりはないですからね。(汗)
借金は懲り懲りです。(笑)
Posted by kana at 2005年08月19日 00:02
遅くなりましたが、鬼さんこんばんは!!
ホステスさんからの回収は…そうだったんですか!
いや、私もmanaさんと同じ「仕事に必要なもの」という方向で
差し押さえに対抗されたらどうなんだろう…?と思いました。
おそらくそのホステスはそこまで考えが及ばなかったんでしょうが…
でも…衣装や宝石類を差し押さえると言われたらとたんに
「じゃ払うから待って」というのが…今回のツボなんですね。
(そこまでは想像しなかったです!)
払う気持ちにさせる(誘い出すというか)手腕が大切なんですね…

なんだか、次のネタが目白押しではないですか^^
私にとっても貴重なプログです。
更新をますます楽しみにしております
大変でしょうが頑張ってくださいね



Posted by はづき at 2005年08月19日 00:17
はづきさん
差押えが禁止される「仕事に必要なもの」というのは、実際はかなり限定されています。仕事に「欠くことが出来ないもの」とされていますので、ブランドスーツがなければホステスの仕事をする事が「不可能」ではありませんから、差押え禁止として認められる事はないと思いますよ^^
Posted by 鬼 at 2005年08月19日 00:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。