2005年10月05日

『ガッツリ回収』は「がめつい」のか?

体調を崩しており、更新が滞っておりましたm(__)m
そんな間に法律ランキングも5位まで急落下^^;
応援してね♪


離婚の慰謝料や養育費、
交通事故の慰謝料や、サラ金の過払い請求。

ガッツリ回収するのを「がめつい」と批判する人がいる。

本当にそうなんだろうか?
そもそも、慰謝料って、なんだろう?
不法行為によって受けた損害を賠償してもらうこと・・・
ですよね?

そもそも相手は自分に対して不法行為をしているわけだ。
つまり、法律上、許されない行為をした相手。
その相手に慰謝料請求を遠慮すること。
それが意味するのは何だ?

法律上、許されない行為を、容認する事に他ならない。
それを容認することで、自分が「大きな人間」になった気がするのか?
だとすれば大きな間違いだ。

交通事故において、保険金請求者は遺族であるケースも多い。
では、まっとうな保険金の支払いに気持ちよく応じない保険会社に対し、
「寛容な人間」であることは、亡くなった身内は喜ぶのだろうか?
確かに保険金がたくさん出ても、亡くなった身内は帰っては来ない。
しかし、身内が亡くなったことによる、あなたのショックは、
値切られてしかるべきものなのか?
そこは断固として、戦うべきではないのか?

あなた自身の怪我の慰謝料であれば、
「寛大な人間」であった方が良いのか?
では、あなたが怪我をした為に受けた、身内のショックはどうなる?
それらの身内の為にも、引き下がるべきではないのではないか?

離婚の慰謝料・養育費にしてもしかり。
世の中、お金ではないかも知れない。
しかし、そのお金は、あなたがもらうべきお金である。
しかも、あなたの最愛の息子・娘にも、その権利はあるはずだ。

「大きな人間」でいられて嬉しいのは、
もしかすると、自分自身だけなのではないか?
「がめつくない」ことは、必ずしも美徳ではないのではないか?

控えめなのが良し、とされる風潮は、
こと慰謝料・損害賠償に関しては当てはまらないのではないか?

サラ金の過払い請求にしてもしかりである。
払いすぎたお金を返してもらうのは、
法律上、当然のことである。
「借りた義理を忘れて」などという
人格を傷つける発言を繰り返すサラ金社員が跡を絶たないが、
サラ金は義理でなど金を貸していない。
また、支払いに窮した多重債務者が、本当に義理立てすべき相手は、
金を貸してくれたサラ金ではなく、
経済的に窮している時、傍にいてくれた家族ではないのか?
「借りた金は返せ!」
当たり前の話である。
ただ、過払い請求が可能という事は、
利率が18%なら、
すでに完済している事を意味する。
借りた金は返したのだ!しかも18%の利息を付けて!
それを超える分が、違法な金利なら、
堂々と請求すればいい。
それを「がめつい」と主張する人間は、
もはやサラ金ではない。ヤミ金だ。
そこで働くサラ金社員にも、同じことが言える。
違法と知りながら、会社の命令だからと、仕方なく・・・
そんな言い訳は通用しない。
違法と承知で嘘で誤魔化し、過払い請求を阻止しようとする行為。
それは紛れもなく犯罪行為だ。

これは保険会社のアジャスターも同じこと。
明らかに法廷で主張不能なことを承知で、
「これが裁判上でも妥当な額です」
などと、明らかな『嘘』で、事故被害者から経済的利益を得ようとする行為。
紛れもない犯罪行為である。

これら、違法な言い逃れで、
卑怯な利益を確保する企業、そこで働く社員ども!
目を醒まさないなら、
いずれ民事責任だけでなく、
刑事責任を徹底して追及されることとなろう!
また、これを読む、損害賠償請求・不当利得返還請求に携わる法律家ども!
利益にならぬからと、刑事責任を見て見ぬフリをするな!

小さな犯罪であろうと、本気で告訴すれば、警察は必ず受理する。
刑事責任を問うのは、民事責任を問うよりも簡単である。
何故なら、刑事責任については、追求は国がするからだ。
被害者は告訴するだけでいい。

小さな犯罪。これを許すから、事は深刻になるのである。
小さな犯罪、決して許すべからず。
もう一度言う。
嘘を付いて、正当な請求を断念させようとする行為は、犯罪である!
世の中、この犯罪で溢れかえっている!
許・す・な!


小さな犯罪に加担しているサラリーマン達・・・
覚悟しておけ。



このブログは、
世の中の消費者がもっと賢くなり、
泣き寝入りをしない事を通じて、
「泣き寝入りを前提とした悪いヤツラ」を
社会から淘汰し、
その事をもって、
今より住みよい社会を作る事を目的としています。
人気ブログランキングへ投票をして頂くと、
ランキングの順位が上がり、
たくさんの人がこのブログを訪れてくれます。
↑犯罪者は押すな!捕まるぞ(笑)
泣き寝入りしなくても良くなる為の情報を
惜しみなく発信し続けていきますので、
応援をお願いしますm(__)m
posted by 鬼 at 11:12 | Comment(11) | 貸金回収
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。