2005年09月26日

交渉とは、話すこと?聴くこと?

このシリーズ、あまり需要がない様なので、
今回で最後にします。
もっと読みたい人は
こちらでアピールして下さい → 人気ブログランキング

今回は交渉の核心の部分に触れる。

タイトルの「交渉とは、話すこと?聴くこと?」
について、

答えはズバリ、聴くことである。

交渉ベタは、一生懸命、自分の考えを主張する。
これでは交渉には勝てない。
物事において、熱く主張すると、必ずボロが出る。
多少のウソを付いたり、
脅しまがいの話術を用いたり・・・。

そう!逆にこれを相手がすれば・・・(ニヤリ)
交渉はコチラに有利になる。
これを「ボロ」という。

交渉において、ボロを出すのと、出させるのと、
どちらが有利か?
言うまでもないよね?^^

そう。ボロは相手に出させるべきなのだ。

では、こちらが主張したいことは、伝えなくていいのか?
そんな事はあるまい。
そもそも主張したいことを伝えなくては、
それは単なる泣き寝入りだ。

かと言って会話の中で主張すると、つい「ボロ」を出してしまう。
それなら、ボロを出さない様に、気をつけながら、
ボロが出たら、その部分は修正をしながら、
冷静に、主張をすればいい。
交渉のやりとりの中でそれをする事は非常に難しい。
そう!文書にすればいいのだ。
相手の主張は聞けばいい。
こちらの主張は改めて落ち着いて文書ですべし!

この手法で交渉に負けることなど、
正しい主張をする限り、あり得ない。

「貸した金を返せ。」
「払うべき金を払え。」
これらの主張、負けようのない主張である。
それなのに、泣き寝入りする人の何と多いことか!!

この手順を踏めば、
その泣き寝入りは、確実に回避できる。



このブログは、
世の中の消費者がもっと賢くなり、
泣き寝入りをしない事を通じて、
「泣き寝入りを前提とした悪いヤツラ」を
社会から淘汰し、
その事をもって、
今より住みよい社会を作る事を目的としています。
人気ブログランキングへ投票をして頂くと、
ランキングの順位が上がり、
たくさんの人がこのブログを訪れてくれます。
泣き寝入りしなくても良くなる為の情報を
惜しみなく発信し続けていきますので、
応援をお願いしますm(__)m


追伸:
このシリーズは需要が少ない様なので、
今回で終わりにします。
ご希望の話題があれば、コメント・メールにてご希望をお寄せ下さい。
また、回収に関する個別の相談に応じています。
相談はメールでお願いします。(フリーでも携帯でも構いません)
借金相談は「サラ金日記」、「借金解決の鬼!」からお願いします。
posted by 鬼 at 09:03 | Comment(25) | 回収の極意〜交渉編〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。