2005年09月22日

開き直り対処法

人気ぶろぐランキングへのご支持を得たので、
このシリーズを続けましょう^^

今日は、回収の交渉でやっかいな、
「開き直り」に対する対処法を。

貸した金を返せ!
又は
払うべきものを払え!
と請求する場合、
基本的には厳しい請求をした法が回収率は高い。

ただ、そこで最大のネックとなるのが開き直り。

開き直られてしまっては、
もはや法的回収に移らざるを得ない。

では、開き直りにはどう対処すればいいか。

答え。

無視(笑)

はっきり言って、
開き直りなんか気にしていたらキリがない。
逆に開き直る場合の心理を考えてみて欲しい。

「どうせ法的手段なんか取らないだろう。」
「開き直っておけば、相手はひるむよ。」
「イザとなったら開き直ってやれ。」
「どうせ差押えされる財産なんてないし。」

こんな所だろう?
これに遠慮して、
開き直りを怖がって請求を緩めると、
相手の「思うツボ」なんだわな(笑)
これが逆に、

「え?本当に訴訟起こすの!?」
「開き直ったのに、動じてないよ^^;」
「開き直ったら、本気で怒っちゃった・・マズ^^;」
「え?バイトの給料って差押えできるの!?え!」

となれば、一挙、形勢逆転である。
恐らくは開き直った事を後悔するだろう。
むしろ開き直りを利用すればいいのだ。

開き直りは計画的犯行である。
さらに、
開き直るのは、自分に非がある事を認めているに他ならない。
つまり最後の「ささやかなる抵抗」である。
気にするに足らず。無視すればいい(笑)

「でも、裁判なんて出来ないよ・・」
「事を荒立てずに解決したい・・」

そう思うなら、泣き寝入りしな^^
このブログを読む価値もないよ。

法的回収をする覚悟がないなら、
最初っから回収なんか、諦めろ!だ。
裁判など、訴状1枚出すだけだ。
本屋に行けば、千円や2千円で、
裁判の起こし方の本が売っている。
最近では、訴状のサンプルがCDロムに入って付いている本まである。
便利な世の中だ。
訴状の中身がおかしければ、
裁判所の窓口で書記官が指摘してくれる。
素直にどうすればいいか聞けば、大抵親切に教えてくれる。
ここまでお膳立てされていても動けないなら、
常に泣き寝入りして生きて行け。
私は知らん(笑)

ちなみに、
裁判を覚悟する人ほど、裁判前に解決する事が多い。
裁判を覚悟できない人ほど、裁判をしなければ解決しない。
さぁ、あなたは、どっち!?


このシリーズ、好評ならもっと続けます。
好評のバロメーターは、
ここで判断いたします^^ → 人気ブログランキング


このブログは、
世の中の消費者がもっと賢くなり、
泣き寝入りをしない事を通じて、
「泣き寝入りを前提とした悪いヤツラ」を
社会から淘汰し、
その事をもって、
今より住みよい社会を作る事を目的としています。
人気ブログランキングへ投票をして頂くと、
ランキングの順位が上がり、
たくさんの人がこのブログを訪れてくれます。
泣き寝入りしなくても良くなる為の情報を
惜しみなく発信し続けていきますので、
応援をお願いしますm(__)m
posted by 鬼 at 10:17 | Comment(6) | 回収の極意〜交渉編〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。