2005年09月06日

我が子への虐待!守るのは誰!?

以前も書いた、養育費について。

夫婦が離婚しても、親子は親子である。

親権を取るなら、責任を持って育てろ!
自分一人で生きていく覚悟をしたのなら、男に頼るな!
結局、男に食わせてもらえないと生きていけないのか!

心の卑しい男の主張である。
むしろ、そういう主張をする男こそ、ケチなのである。

我が子が生きていくのに必要なお金を出し渋るような男は
ち○ち○、ちょん斬ってしまえ(笑)
子作りをする以上は、その後の責任も持つべきであって、
親は子供を作った以上、
子供を養育する義務があるのである。
それは夫婦の関係とは全くの別問題であり、
離婚したからといって、
親の義務がなくなるわけではない。
また、例え我が子に対する一切の権利を奪われたとしても、
それでも義務は果たすべきなのである。
それが「親」というものだ。
子供は親を選べない。
しかし親は自らの選択で子供を作ったのである。
その責任を逃れたい、と主張するなら、
ち○ち○、ちょん斬ってしまえ!

また、子供を育てる母親についても同様である。

もう、あんな人とは関わりたくないから・・
そんな事を言って、しっかり収入を得ているのであれば、
何も言わない。
しかし、生活費が足りず、
借金をしている様な場合、
これはある意味、我が子に対する背任行為だ。

借金は子供に感染する。
「苦労して借金してまで私が一人で育てた・・」
そのプレッシャーは、
我が子を共依存症にしてしまう。
我が子も借金人生を繰り返してしまう。
親が借金を抱える子供は、
親の為に、親の為に、と
自分の事よりも親の事ばかりを気にする生き方をしてしまう傾向にある。
男の子であれば、
多くの場合、マザコンになってしまう。

また、子供の生活費が不足しているにも関わらず、
養育費を入れない父親は、
我が子に対して「悪意の遺棄」をしている事に他ならない。
お金がなければ子供はご飯を食べられず、生きていけない。
子供に食事を与える義務は、
監護養育する親にだけ課される義務ではない。
その義務を自ら放棄する事は、
養育義務の放棄であり、「悪意の遺棄」とみなされるべきだ。

悪意の遺棄とは、一種の虐待である。
我が子が父親から虐待を受けている。
守るのは誰か!?

他でもない、母親である。

養育義務の放棄、という虐待から我が子を守る事が出来るのは、
母親しかいないのである。
「関わりたくない」
それは母親のエゴであって、
養育費の請求権は、母親の権利ではない。
我が子の権利を、
法定代理人として、我が子に代わって主張するにすぎない。
我が子の養育費を請求できる法定代理人は、
母親ただ一人なのである。

養育費と慰謝料は、全く別のものだ。
慰謝料を放棄する事は、一向に構わない。
自分の権利の放棄だからだ。

しかし、養育費の請求を、
母親の一存で放棄することは、絶対に許されない。
あなたの生活に、経済的余裕がないのであれば、
養育費の請求は、あなたの義務だ。

養育費の請求をしないのであれば、
子供に父親を悪く言ってはいけない。
子供に悪意の遺棄という虐待をしたのは確かに父親だが、
あなたも、虐待を放置した、という罪があるのである。
我が子に堂々と母親を主張したいのであれば、
養育費は請求すべきだ。
請求してもダメなら、
裁判所を利用してでも回収すべきだ。

もう一度言う。

養育費の請求権は、
あなたの権利ではなく、子供の権利である。
あなたに、放棄する権利はない!


このブログは、
世の中の消費者がもっと賢くなり、
泣き寝入りをしない事を通じて、
「泣き寝入りを前提とした悪いヤツラ」を
社会から淘汰し、
その事をもって、
今より住みよい社会を作る事を目的としています。
人気ブログランキングへ投票をして頂くと、
ランキングの順位が上がり、
たくさんの人がこのブログを訪れてくれます。
泣き寝入りしなくても良くなる為の情報を
惜しみなく発信し続けていきますので、
応援をお願いしますm(__)m


次回は、どのジャンルの記事が読みたいですか?
ランキングに『ぽちっと』してくれた方のご要望にお応えします^^





すいません^^;
追伸です。

現状、養育費の請求は、
親の生活が余裕のある範囲で義務を負うことになっています。
親は自分の都合で子供を作り、
子供は親を選べない関係から考えると、
本来、親は自分の生活を犠牲にしてでも子供を守るべきです。
でも、現在の判例上、
父親の収入が少ない場合や、
再婚している場合など、
養育費はほとんど認められない傾向にあります。
まずは現在の家族の子供が優先されます。
でも、子供に優先順位などないはずです。
私はこの現在の判例には疑問を感じています。
裁判官×付け運動の参考として頂ければ嬉しいです。
posted by 鬼 at 09:54 | Comment(19) | 男女のトラブル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。