2005年09月05日

警察を動かすには?

ヤミ金や詐欺など、
違法な業者に騙された場合、
最も効果的なのは警察である。

しかし、多くの人が勘違いしている事がある。

被害届など、出しても無意味です^^;

警察は、被害届などでは動いてくれません。
出すべきなのは、告訴状です。
被害届は、「被害がありました。一応言っときますね。」
という程度の意味合いしかありません。
告訴状を出して初めて、
「被害があって、違法だから、捜査して刑事裁判にかけてくれ!」
という意味合いになります。

ただ、告訴状を出そうとしても、
多くの場合、警察は受理してくれません。
それは、告訴状を受理すると、仕事が増える。
冗談みたいでホントの話です。
警察も、お役所です。
できれば仕事は増やしたくない。
これがホンネです。

では、告訴状を受理してもらう為には、
どうすればいいのでしょう?

本来、犯罪の被害者になった人は、
告訴権者と言って、告訴する権利を持っています。
この権利を警察官のきまぐれで奪われては困りますよね?
告訴があった犯罪者を、起訴するかどうか、
それを決めるのは検察官です。
告訴を受理するかどうか、警察が勝手に判断するなど、
本来許されないはずです。

ただ、実際問題として、
その犯罪者が、本当に犯罪者なのか、
警察は判断をする知識を有していない場合が多いのです。
「それって違法ですか?」
などという警察官も少なくありません。
犯罪が明らかに成立している場合、
警察に告訴を拒む権利はないはずです。
ただ、警察が「それは違法ではないのでは?」
と(勝手に)思うと、受理を拒みます。

ですから、
告訴をする時は、多少勉強して、
違法となる証拠を準備して、
何という犯罪なのか、
法律の条文を明記して、
キッパリと告訴状を提出する必要があります。

それでも受理を躊躇している警察官には、
「私の告訴権を侵害するのですね!?」
とでも言ってやりましょう(笑)
相手は公務員です。
このセリフを出してまで告訴を拒む勇気のある警察官はいないでしょう^^

ヤミ金などの場合、
警察は出資法違反(29.2%を超える金利)の証拠を求めてくる事が多いようです。
ヤミ金も、ここについてはなかなか証拠を掴まさないようにしてきます。
しかし恐喝なども立派な犯罪です。
「払わなかったら会社や実家に電話するぞ!」
など、完全な恐喝です。
これなど、テープレコーダーがあれば簡単に証拠にできますし、
携帯の録音機能でも、恐喝の証拠ぐらい簡単に押さえられるでしょう。
また、無登録営業だけでも、充分な刑罰があります。
泣き寝入りなどせず、ガンガン告訴してやりましょう♪


このブログは、
世の中の消費者がもっと賢くなり、
泣き寝入りをしない事を通じて、
「泣き寝入りを前提とした悪いヤツラ」を
社会から淘汰し、
その事をもって、
今より住みよい社会を作る事を目的としています。
人気ブログランキングへ投票をして頂くと、
ランキングの順位が上がり、
たくさんの人がこのブログを訪れてくれます。
泣き寝入りしなくても良くなる為の情報を
惜しみなく発信し続けていきますので、
応援をお願いしますm(__)m


次回は、どのジャンルの記事が読みたいですか?
ランキングに『ぽちっと』してくれた方のご要望にお応えします^^
posted by 鬼 at 11:50 | Comment(11) | 違法業者
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。