2005年09月29日

離婚は早まるな!

今日は、離婚についてのテーマを一つ。

離婚は早まるな!」だ。

離婚をする時っていうのは、
ついつい感情的になってしまうもんだ。
確かに話題が話題だけに、仕方ないかも知れないけど^^;

でも、離婚は感情に任せて勢いでしちゃダメ!
慰謝料も養育費もどうでもいいから、とにかく別れて!
なんて・・・ダメだよ!^^;

確かに、とにかく離婚して、
後から慰謝料や養育費を請求してもいい。
でも大変だよ。
人気ブログランキングの法律カテゴリーには、
法律家が一杯いるから、
そういう事なら任せろ!って人も一杯いるでしょう。
でもね、わざわざ大変な事しなくってもサ^^;

離婚を決意したら、
まず、これをやっておけ!!

あなたが家計を管理しているなら、
配偶者の名義で管理しているお金、
全部、あなたの名義に移し替えておけ!(笑)

返せ!と言われたら、
あなたの取り分を相殺して、残りを返せばいい♪

弁護士に裁判を依頼して取るのもいいだろう。
でも、そんな事しなくても、簡単に取れる方法があるのだ。
金は、握っている方が断然強いのである。



このブログは、
世の中の消費者がもっと賢くなり、
泣き寝入りをしない事を通じて、
「泣き寝入りを前提とした悪いヤツラ」を
社会から淘汰し、
その事をもって、
今より住みよい社会を作る事を目的としています。
人気ブログランキングへ投票をして頂くと、
ランキングの順位が上がり、
たくさんの人がこのブログを訪れてくれます。
泣き寝入りしなくても良くなる為の情報を
惜しみなく発信し続けていきますので、
応援をお願いしますm(__)m
posted by 鬼 at 04:45 | Comment(7) | 男女のトラブル

2005年09月26日

交渉とは、話すこと?聴くこと?

このシリーズ、あまり需要がない様なので、
今回で最後にします。
もっと読みたい人は
こちらでアピールして下さい → 人気ブログランキング

今回は交渉の核心の部分に触れる。

タイトルの「交渉とは、話すこと?聴くこと?」
について、

答えはズバリ、聴くことである。

交渉ベタは、一生懸命、自分の考えを主張する。
これでは交渉には勝てない。
物事において、熱く主張すると、必ずボロが出る。
多少のウソを付いたり、
脅しまがいの話術を用いたり・・・。

そう!逆にこれを相手がすれば・・・(ニヤリ)
交渉はコチラに有利になる。
これを「ボロ」という。

交渉において、ボロを出すのと、出させるのと、
どちらが有利か?
言うまでもないよね?^^

そう。ボロは相手に出させるべきなのだ。

では、こちらが主張したいことは、伝えなくていいのか?
そんな事はあるまい。
そもそも主張したいことを伝えなくては、
それは単なる泣き寝入りだ。

かと言って会話の中で主張すると、つい「ボロ」を出してしまう。
それなら、ボロを出さない様に、気をつけながら、
ボロが出たら、その部分は修正をしながら、
冷静に、主張をすればいい。
交渉のやりとりの中でそれをする事は非常に難しい。
そう!文書にすればいいのだ。
相手の主張は聞けばいい。
こちらの主張は改めて落ち着いて文書ですべし!

この手法で交渉に負けることなど、
正しい主張をする限り、あり得ない。

「貸した金を返せ。」
「払うべき金を払え。」
これらの主張、負けようのない主張である。
それなのに、泣き寝入りする人の何と多いことか!!

この手順を踏めば、
その泣き寝入りは、確実に回避できる。



このブログは、
世の中の消費者がもっと賢くなり、
泣き寝入りをしない事を通じて、
「泣き寝入りを前提とした悪いヤツラ」を
社会から淘汰し、
その事をもって、
今より住みよい社会を作る事を目的としています。
人気ブログランキングへ投票をして頂くと、
ランキングの順位が上がり、
たくさんの人がこのブログを訪れてくれます。
泣き寝入りしなくても良くなる為の情報を
惜しみなく発信し続けていきますので、
応援をお願いしますm(__)m


追伸:
このシリーズは需要が少ない様なので、
今回で終わりにします。
ご希望の話題があれば、コメント・メールにてご希望をお寄せ下さい。
また、回収に関する個別の相談に応じています。
相談はメールでお願いします。(フリーでも携帯でも構いません)
借金相談は「サラ金日記」、「借金解決の鬼!」からお願いします。
posted by 鬼 at 09:03 | Comment(25) | 回収の極意〜交渉編〜

2005年09月22日

開き直り対処法

人気ぶろぐランキングへのご支持を得たので、
このシリーズを続けましょう^^

今日は、回収の交渉でやっかいな、
「開き直り」に対する対処法を。

貸した金を返せ!
又は
払うべきものを払え!
と請求する場合、
基本的には厳しい請求をした法が回収率は高い。

ただ、そこで最大のネックとなるのが開き直り。

開き直られてしまっては、
もはや法的回収に移らざるを得ない。

では、開き直りにはどう対処すればいいか。

答え。

無視(笑)

はっきり言って、
開き直りなんか気にしていたらキリがない。
逆に開き直る場合の心理を考えてみて欲しい。

「どうせ法的手段なんか取らないだろう。」
「開き直っておけば、相手はひるむよ。」
「イザとなったら開き直ってやれ。」
「どうせ差押えされる財産なんてないし。」

こんな所だろう?
これに遠慮して、
開き直りを怖がって請求を緩めると、
相手の「思うツボ」なんだわな(笑)
これが逆に、

「え?本当に訴訟起こすの!?」
「開き直ったのに、動じてないよ^^;」
「開き直ったら、本気で怒っちゃった・・マズ^^;」
「え?バイトの給料って差押えできるの!?え!」

となれば、一挙、形勢逆転である。
恐らくは開き直った事を後悔するだろう。
むしろ開き直りを利用すればいいのだ。

開き直りは計画的犯行である。
さらに、
開き直るのは、自分に非がある事を認めているに他ならない。
つまり最後の「ささやかなる抵抗」である。
気にするに足らず。無視すればいい(笑)

「でも、裁判なんて出来ないよ・・」
「事を荒立てずに解決したい・・」

そう思うなら、泣き寝入りしな^^
このブログを読む価値もないよ。

法的回収をする覚悟がないなら、
最初っから回収なんか、諦めろ!だ。
裁判など、訴状1枚出すだけだ。
本屋に行けば、千円や2千円で、
裁判の起こし方の本が売っている。
最近では、訴状のサンプルがCDロムに入って付いている本まである。
便利な世の中だ。
訴状の中身がおかしければ、
裁判所の窓口で書記官が指摘してくれる。
素直にどうすればいいか聞けば、大抵親切に教えてくれる。
ここまでお膳立てされていても動けないなら、
常に泣き寝入りして生きて行け。
私は知らん(笑)

ちなみに、
裁判を覚悟する人ほど、裁判前に解決する事が多い。
裁判を覚悟できない人ほど、裁判をしなければ解決しない。
さぁ、あなたは、どっち!?


このシリーズ、好評ならもっと続けます。
好評のバロメーターは、
ここで判断いたします^^ → 人気ブログランキング


このブログは、
世の中の消費者がもっと賢くなり、
泣き寝入りをしない事を通じて、
「泣き寝入りを前提とした悪いヤツラ」を
社会から淘汰し、
その事をもって、
今より住みよい社会を作る事を目的としています。
人気ブログランキングへ投票をして頂くと、
ランキングの順位が上がり、
たくさんの人がこのブログを訪れてくれます。
泣き寝入りしなくても良くなる為の情報を
惜しみなく発信し続けていきますので、
応援をお願いしますm(__)m
posted by 鬼 at 10:17 | Comment(6) | 回収の極意〜交渉編〜

2005年09月20日

一括請求のタイミング

前回の続きです。

まずは『ぽちっと』を♪ → 人気ブログランキング

一括請求のタイミングは、
早ければ早いほどいい。

かと言って、一括請求などしなくても、
分割で最後までキッチリ払ってくれる人に、
一括請求をする必要はない。当然だが。

その見極めは必要だが、
危険な臭いを感じたら、
一刻も早く一括請求をするべきだ。

サラ金の督促なら、なおの事。
サラ金の督促は、他社との競争だ。
他社より優先して自社に支払ってもらう為に、
他社といかに差別化するかが、
サラ金の督促能力と言ってもいいだろう。

サラ金でなく個人の貸し借りであったとしても、
個人の貸し借りを滞るような相手は、
既にサラ金には借りていると見た方がよい。
そうなると、ライバルはサラ金である。
支払いが滞ると、
条件の厳しい方から優先すて支払うのが人間である。
ただでさえ、サラ金の利率は高く、
個人の貸し借りより取り立ても厳しいイメージがある。
そのサラ金との交渉に勝つには、
サラ金より厳しい取立てをするしかない。
かと言って、あまり阿漕なことをすると刑法に触れる可能性がある。

では、どうするか?
契約でサラ金より高い利率を取り決めていない場合、
サラ金より高い利率に変えればいい。
それを可能にするのが一括請求である。
一括請求をすれば、前回書いた様に、
分割支払いの権利はなくなる。
どうしても一括で払えず、
どうしても分割にしてくれ、という事なら、
その時点で改めて分割支払いの契約を交わせばいい。
その時、サラ金の上限利率は29.2%だが、
個人の貸し借りなら、109.5%まで取れる^^
その間で、サラ金よりも高い利率で契約すればいい。
ただ、相手もサラ金で借りているなら、
年率で契約すると、上限金利については敏感だ。
それなら契約書を年利で書かなければいい。
サラ金は契約書に記載する事項を法律で決められているが、
個人の貸し借りにそんなルールはない。
年利29.2%を1日の利息に換算すると、0.08%である。
年利109.5%なら、1日0.3%である。
例えば、「利率を日賦20銭とする」としてもピンと来ないだろう。
日賦20銭とは、年率73%である。
そして契約書を交わした後に、
「日賦20銭は年利で言えば73%だから、サラ金よりキツいよ。
くれぐれも次からは遅れない様にね^^」
と言ってあげればいい。
「ぎょえ!」となること請け合いだ。

これは貸したお金に限らない。
支払ってもらうべきお金でも、
支払いを待ってくれ、とお願いされた時、
頃合いを見計らって、契約書を交わし、
遅れた場合の利息を厳しく定めておくといい。

一括請求というのは、
次の和解条件を有利に変更する為の、
キッカケにするのが、賢い一括請求である。

注意点は、レベルの低いサラ金の督促の様に、
「脅し」代わりに一括請求をしないことだ。
一括請求をするからには、
相手が折れるまで、何が何でも一括請求することだ。
その後、分割金の支払いがされたとしても、
一括請求である以上、全額完済まで毎日請求する。
それが一括請求である。
返しても返しても請求、請求。
あくまでお上品にである^^
とにかく返しても返しても請求。
これが、結構、効く♪

このシリーズ、好評ならもっと続けます。
好評のバロメーターは、
ここで判断いたします^^ → 人気ブログランキング
posted by 鬼 at 19:40 | Comment(4) | 回収の極意〜交渉編〜

2005年09月17日

一括請求について

お待たせしました。
回収の極意〜交渉編〜

今日はまず、交渉の基本から。

まずは『ぽちっと』を♪ → 人気ブログランキング

貸した金を返してもらう場合、
最終的には法的手段で回収するという手段はあるものの、
はじめの段階では話し合いが基本である。
法的手段で回収するのは、
相手に支払い意思がなくなった場合、
もしくは支払い意思が極度に低い場合である。

はじめの段階の交渉次第で、
法的回収が必要になったり、必要なくなったりする。

貸した金を約束通り返してくれている段階では、
交渉の余地はない。
支払いが滞った時が交渉時である。
これは「期限の利益」という
少し難しい言葉がカギになる。

期限の利益。
これ、何だかわかるだろうか?
サラ金や金融機関に勤めていればわかるだろう。
勤めていない人の為に少し説明すると、
簡単に言えば、
「分割で支払う権利」という意味である。

分割で支払う、という取り決めをしている場合、
「期限の利益」を有している状態である。
それを、
「支払いを滞った場合、期限の利益を喪失する。」
と定めてあれば、
支払いを滞れば期限の利益を失い、
一括で返済しないといけなくなる。
つまり俗に言う「一括請求」である。
「一括請求になりますよ。」
というセリフは、すなわち
「あなたは、分割返済の権利を失いますよ。」
という事である。

このセリフを言われると、
「分割で払えないもの、一括で払えるわけない!」
と反論する人が多いが、
一括請求というのは、
利率が通常利率ではなく、延滞利率になり、
裁判を起こした場合も、全額についての裁判が可能になる。
期限の利益があれば、
仮に裁判を起こされたとしても、
遅れている分割金についてしか争えないのである。

つまり一括請求とは、
裁判を起こす為の前提条件なのだ。

では、裁判を検討する段階で、
「一括請求」をして、効果があるのだろうか?
この段階で一括請求をしても、正直、開き直られる。

一括請求の効果的な使い方。
長くなったので、次回にしよう^^

この続きに興味のある方は『ぽちっと』ね♪ → 人気ブログランキング
posted by 鬼 at 09:45 | Comment(10) | 回収の極意〜交渉編〜

2005年09月16日

回収の極意〜交渉編〜

さて。
私がサラ金で回収をやっていた時のノウハウ。

サラ金社員など、回収を仕事とする人ばかりでなく、
お金を払ってもらう必要のあるケースは、
一般の消費者にも少なからずあるだろう。

と、いう事で、
私が回収をする時に心がけていたノウハウを
皆さんにお教えしよう♪

おお♪待ってましたという方は → 人気ブログランキング

言っとくけど、
本屋さんで「債権回収」に関する本を読んだって、
たぶん書いてないよ^^
私がサラ金時代、回収のやり方を勉強しようと
本屋さんで何度も探したけど、
本屋さんにある回収のノウハウ本では、
こういう事は書いてなかったからね。

こんなノウハウ、
お金で買おうと思うと、
セミナーなんかだと数万円、
さらにマスターするまでのサポートを付けると数十万円、
そのくらいは取られるノウハウだよ^^

それを、今回なんと!
法的回収の為の、
支払督促・訴訟・強制執行、
それぞれの書式の雛形も付けて、
e-bookで39,800円!!

さらに、「回収の鬼!」読者特典として、
9/末日までの申し込みに限り、
感想ハガキの返信を条件に、
モニター価格の19,800円でご提供!!

・・・
なぁ〜〜んて(笑)

でも、回収したいお金があって、
どう回収していいかわからず泣き寝入りしようかと迷っている人には、
そのくらいの価値はあると思うけどね^^

しかし、回収の鬼!では惜しみなく記事にしちゃいます♪
これ、サラ金日記の雑誌掲載記念ってことで♪
サラ金日記もよろしくね^^

記事アップは、ランキングへ『ぽちっと』頂いたら検討します^^
posted by 鬼 at 15:07 | Comment(11) | 回収の極意〜交渉編〜

2005年09月13日

住民票

案外、知らない人が多いので紹介しておこう。

ただし、悪用厳禁でヨロシク♪


住民票は、誰でも勝手に取れる

これ、意外と知らない人が多いんですよね。
利用目的によっては窓口で断られるが、
例えば、貸した金を踏み倒して逃げられた・・・
そんな場合、逃げる前の住所の役所に行って、
住民票を取ってくれば、
転出していてば転出先が記載されている。
例えばこんな感じ。

――――――――――――――――――――――――――――――
住民票除票

更金鬼介

大阪府借金市払得無出町1―1―1

平成10年1月1日大阪府金有市余裕出町2―2―2より転入

平成17年9月1日東京都逃込市隠家町3―3―3へ転出

――――――――――――――――――――――――――――――

これで、今月の頭に東京へ引越した事がわかる。
ただし、金を貸した事を証明するものの提示を求められる場合もあるので、
借用書などを念のため持って行ったほうがいい。

また、相手の住所が遠くて役所に行けない場合や、
仕事で役所の空いている時間になかなか行けない場合、
住民票の請求は郵送でも出来る。
その役所のホームページには、
たいてい請求用紙の書式があるので、
それを印字して、必要な手数料分の小為替を郵便局で購入して、
返信用の封筒に切手を貼って送れば送り返してくれる。
料金は役所によるが、だいたい200円から400円くらい。

住民票を移してなければ、引越し先はわからないが、
サラ金の調査でも、最近は住民票の確認くらいしかしないもんです。
数百円の経費で確認できるんだから、
確認すらせずに回収を諦めるなんて、話になりません。
住民票から、案外「ウソ」が判明したりするもんですよ^^

例えば、住民票の下の方に、
「この写しは、世帯全員の住民票の原本と相違ないことを証明する。」
と記載があれば、その人は、独身世帯だという事。
既婚者のはずなのに、この記載があれば、
「あっ、離婚したな!」
と気付いたりする事もある。
また、実家がどこか聞いていなくても、
前住所が実家である可能性もある。
実家に帰る場合など、転出届けを出さずに放置する事も多い。
試しに前住所の住所で、
104で本人姓や旧姓で確認すると、
ちゃっかり届けがあり、
その電話に電話してみると、
たまたま本人が出た、なんてサラ金の督促でもよくある事。

たかが住民票、されど住民票。
貸した金や、払ってもらうべきお金。
回収を諦めるぐらいなら、
その前に、住民票ぐらいは確認してみてご覧♪



このブログは、
世の中の消費者がもっと賢くなり、
泣き寝入りをしない事を通じて、
「泣き寝入りを前提とした悪いヤツラ」を
社会から淘汰し、
その事をもって、
今より住みよい社会を作る事を目的としています。
人気ブログランキングへ投票をして頂くと、
ランキングの順位が上がり、
たくさんの人がこのブログを訪れてくれます。
泣き寝入りしなくても良くなる為の情報を
惜しみなく発信し続けていきますので、
応援をお願いしますm(__)m
posted by 鬼 at 14:23 | Comment(2) | 貸金回収

2005年09月12日

サービス残業と残業について

今日は、サービス残業について、
少し掘り下げて考えてみた。

人気ランキング1位はどこだ!?^^

サービス残業は違法です。
こりゃ、間違いない^^

では、残業は違法でしょうか?
ま、残業をする側は違法ではないよね。
でも、させる側は違法なんです。

え!?
と思いませんでしたか?
実は、残業をさせたら、それだけで違法なんです^^;

労働基準法によると、
1日8時間、1週間で40時間を超えて従業員を働かせると、
それだけで、既に違法なんです!

ただ、それでは仕事にならない、という事で、
こんな場合は認めよう、という例外を作っています。
特殊な職種でない限り、
基本的には36協定という決め事を作っていないと、
会社は従業員に残業をさせる事すらできません。

そして、36協定を作っている場合でも、
1ヶ月45時間、
1年で360時間までしか残業させる事はできません。
従業員が「残業させてぇ〜〜!」と言ってもダメなんです!

確かに、従業員の給料を値切る目的で
サービス残業をさせる会社もあります。
しかし、そうでない会社もあります。

能力のない人間に無駄に給料を払うくらいなら、
優秀な人間だけを残して、
優秀な人間に仕事をしっかりやってもらい、
それに見合う残業手当も付けてあげたい・・・。
そういう社長さんだって、たくさんいるはずです。

それが何故、法律上、こういう事になっているのでしょう?

これは、過労死などの「働きすぎ」に原因があるようです。
帰りたくとも帰れない。
過酷な労働条件でこき使われ、
それが原因で死んでしまった・・・
そんな人が続出するのを防ぐ目的で、
その様な規定ができた様です。

が・・・
1ヶ月45時間程度の残業で、
死にますか!?
1年360時間程度の残業で
死にますか!?
その程度の残業で、
景気、良くなりますか!?

ここにも、
被害者が被害者をアピールするが為に、
被害者が加害者となった図式が見て取れます。

過労死するぐらいなら、
その前に、自分で「しんどい」「疲れた」と言えないか!?
それが言えない職場環境だったとすれば、
それは別のところに問題があるのではないか!?

もし、そこまでして稼ぐ必要に迫られていたとしたら、
残業が出来なかったら、
夜はアルバイトをしたりして、
結局、労働時間は減らす事は出来ないのでは!?

被害者も被害者だが、
それを真に受けて、法律や制度を改悪してしまう、
政治家や行政・・・
もう少し、マジメに考えて欲しい。

選挙は終わったが、
こういう身の回りの身近な問題、
こういう「決め事」を、
国会や行政が決めているという事を認識して、
普段から、興味を持って見ておいて欲しい。

結果、
残業した分の残業代を払わないのは確かに違法だが、
残業をさせた時点で既に違法なのである。
会社には、この点、逃げ道がないのだ。

そうなると、もはや逃げ道は、
「残業をしていなかった♪」
とするしかないのである。

これが、サービス残業の、根本的な問題だ。
人間、少々無理をしたって、そうそう簡単には死なない。
死にそうになったら、自分から言おうよ^^
法律で残業時間の上限を無理矢理決めるのは変だ。

固定給など上がらないんだ。
給料を増やすには残業するしかない。
それが出来ないなら、バイトするしかないんだ。
それのどこが過労死の抑制になるんだ!?

政治家よ!
バカな法律を作るな!
国民よ!
バカな法律に気付け!
被害者よ!
自分の身を守る為に、
周りを引きずり込むのはやめろ!



このブログは、
世の中の消費者がもっと賢くなり、
泣き寝入りをしない事を通じて、
「泣き寝入りを前提とした悪いヤツラ」を
社会から淘汰し、
その事をもって、
今より住みよい社会を作る事を目的としています。
人気ブログランキングへ投票をして頂くと、
ランキングの順位が上がり、
たくさんの人がこのブログを訪れてくれます。
泣き寝入りしなくても良くなる為の情報を
惜しみなく発信し続けていきますので、
応援をお願いしますm(__)m




追伸:

だからと言って、
サービス残業が違法である事には変わりありません。
残業したのに払ってもらっていない分は、
ガッツリ回収してね^^

ガッツリ回収した、鬼より(^O^)v
posted by 鬼 at 12:25 | Comment(12) | サービス残業

2005年09月08日

日本環境国際支援財団〜その後〜

正直、今日は疲れた・・・

日本環境国際支援財団と全面戦争状態になった^^;

本音を言うと、こういう詐欺は、
ひっかかる方にも相当の落ち度がある。
はっきり言って、胡散臭すぎ(笑)
こんなのに騙されるなんて、どうかしてる・・・
こんなの、業者を潰したって、
騙される人は、他の業者に騙される。
正直、救いようがない。

それを何故、ここまで本気で潰しにかかってるか・・・。

私が先日まで所属していた、
人気ブログランキング
「債務・借金カテゴリー」をうろちょろしているからだ。


現在「債務・借金カテゴリー」の9位にいる
金が欲しけりゃオレんトコ来い!や、
18位のSOLAの資金繰り日記など、
ちょろちょろと目障りなのです。

で、実際サイトをよく見てみると、
明らかな違法なんです。
で、借金解決の鬼!にて、
特集を組んで潰しにかかっているわけです^^

そうしたら、ウイルスメールの量は倍増するわ、
脅迫メールはくるわ、
荒らしコメントはくるわ・・・

疲れたよ〜〜〜^^;

いつもは社会の為に『ぽちっと』のお願いをしてるんですが、
今日は、疲れた私に
『ぽちっと』して〜〜〜っ → 人気ブログランキング
posted by 鬼 at 20:37 | Comment(53) | 違法業者

2005年09月07日

国民審査

なに?
しつこいって?

でも、あえてもう一度(笑)

国民審査、
裁判官全員に×を付けよう!


今日の新聞に、裁判官6人のアンケート結果が載っていた。
現在の法制度などについての考えを問うもの。
どのような判決をして、
どんな判決が批判されているかなど、
本来そういった内容まで載せてもらいたいもんだが、
とりあえず、読んで見た。

で、私の感想は、
「回答を差し控えさせていただきたい。」
って、何だ!?
国民をバカにしとるのか!?
という事。
その裁判官の個人的考えを聞いて、
信任するかどうかの判断の為の質問である。
それに回答しない、つまり自分の考えを言いたくない、とは
どういうことじゃあああああ!!
と、思うのは私だけ?

何もアンタの考えが国を動かす、という話をしてるんじゃない。
裁判においては、必ず答えを出すわけである。
その判断基準になる考えを聞いているんだ。
その考えを元に、アンタを判断する、って言ってるんだ。
「答えない」はイカンだろう!!

ついでに朝日新聞の記事を抜粋。

〜国民審査は戦後、
延べ142人が受けたが、
×印が有効票の過半数を占めて
実際に罷免された例はなく、
「形骸化している」
との批判も強い。
しかし、
×の数がある程度に上れば、
市民の自由や権利を守る
「最後の砦」
のはずの裁判官たちに
「市民の側に立った判断を」
との意思を伝えることになると言える。〜


どう?
×付ける気になった?

少しでも多くの×が付けば、
もっと、こういう話題にも注目が集まります。
是非、選挙に行って、
裁判官に×を付けて下さい!
もしかすると、
与党がどこになるかより、
世の中が変わるかも知れないよ^^


さらに、人気ブログランキングにご協力頂き、
もっとアクセスが増えると、
もっと多くの×が付きます。
みなさんご協力をお願いします^^m(__)m

あ、それと、
サラ金日記が雑誌に載るかも・・・
posted by 鬼 at 12:47 | Comment(29) | その他

2005年09月06日

我が子への虐待!守るのは誰!?

以前も書いた、養育費について。

夫婦が離婚しても、親子は親子である。

親権を取るなら、責任を持って育てろ!
自分一人で生きていく覚悟をしたのなら、男に頼るな!
結局、男に食わせてもらえないと生きていけないのか!

心の卑しい男の主張である。
むしろ、そういう主張をする男こそ、ケチなのである。

我が子が生きていくのに必要なお金を出し渋るような男は
ち○ち○、ちょん斬ってしまえ(笑)
子作りをする以上は、その後の責任も持つべきであって、
親は子供を作った以上、
子供を養育する義務があるのである。
それは夫婦の関係とは全くの別問題であり、
離婚したからといって、
親の義務がなくなるわけではない。
また、例え我が子に対する一切の権利を奪われたとしても、
それでも義務は果たすべきなのである。
それが「親」というものだ。
子供は親を選べない。
しかし親は自らの選択で子供を作ったのである。
その責任を逃れたい、と主張するなら、
ち○ち○、ちょん斬ってしまえ!

また、子供を育てる母親についても同様である。

もう、あんな人とは関わりたくないから・・
そんな事を言って、しっかり収入を得ているのであれば、
何も言わない。
しかし、生活費が足りず、
借金をしている様な場合、
これはある意味、我が子に対する背任行為だ。

借金は子供に感染する。
「苦労して借金してまで私が一人で育てた・・」
そのプレッシャーは、
我が子を共依存症にしてしまう。
我が子も借金人生を繰り返してしまう。
親が借金を抱える子供は、
親の為に、親の為に、と
自分の事よりも親の事ばかりを気にする生き方をしてしまう傾向にある。
男の子であれば、
多くの場合、マザコンになってしまう。

また、子供の生活費が不足しているにも関わらず、
養育費を入れない父親は、
我が子に対して「悪意の遺棄」をしている事に他ならない。
お金がなければ子供はご飯を食べられず、生きていけない。
子供に食事を与える義務は、
監護養育する親にだけ課される義務ではない。
その義務を自ら放棄する事は、
養育義務の放棄であり、「悪意の遺棄」とみなされるべきだ。

悪意の遺棄とは、一種の虐待である。
我が子が父親から虐待を受けている。
守るのは誰か!?

他でもない、母親である。

養育義務の放棄、という虐待から我が子を守る事が出来るのは、
母親しかいないのである。
「関わりたくない」
それは母親のエゴであって、
養育費の請求権は、母親の権利ではない。
我が子の権利を、
法定代理人として、我が子に代わって主張するにすぎない。
我が子の養育費を請求できる法定代理人は、
母親ただ一人なのである。

養育費と慰謝料は、全く別のものだ。
慰謝料を放棄する事は、一向に構わない。
自分の権利の放棄だからだ。

しかし、養育費の請求を、
母親の一存で放棄することは、絶対に許されない。
あなたの生活に、経済的余裕がないのであれば、
養育費の請求は、あなたの義務だ。

養育費の請求をしないのであれば、
子供に父親を悪く言ってはいけない。
子供に悪意の遺棄という虐待をしたのは確かに父親だが、
あなたも、虐待を放置した、という罪があるのである。
我が子に堂々と母親を主張したいのであれば、
養育費は請求すべきだ。
請求してもダメなら、
裁判所を利用してでも回収すべきだ。

もう一度言う。

養育費の請求権は、
あなたの権利ではなく、子供の権利である。
あなたに、放棄する権利はない!


このブログは、
世の中の消費者がもっと賢くなり、
泣き寝入りをしない事を通じて、
「泣き寝入りを前提とした悪いヤツラ」を
社会から淘汰し、
その事をもって、
今より住みよい社会を作る事を目的としています。
人気ブログランキングへ投票をして頂くと、
ランキングの順位が上がり、
たくさんの人がこのブログを訪れてくれます。
泣き寝入りしなくても良くなる為の情報を
惜しみなく発信し続けていきますので、
応援をお願いしますm(__)m


次回は、どのジャンルの記事が読みたいですか?
ランキングに『ぽちっと』してくれた方のご要望にお応えします^^





すいません^^;
追伸です。

現状、養育費の請求は、
親の生活が余裕のある範囲で義務を負うことになっています。
親は自分の都合で子供を作り、
子供は親を選べない関係から考えると、
本来、親は自分の生活を犠牲にしてでも子供を守るべきです。
でも、現在の判例上、
父親の収入が少ない場合や、
再婚している場合など、
養育費はほとんど認められない傾向にあります。
まずは現在の家族の子供が優先されます。
でも、子供に優先順位などないはずです。
私はこの現在の判例には疑問を感じています。
裁判官×付け運動の参考として頂ければ嬉しいです。
posted by 鬼 at 09:54 | Comment(19) | 男女のトラブル

2005年09月05日

警察を動かすには?

ヤミ金や詐欺など、
違法な業者に騙された場合、
最も効果的なのは警察である。

しかし、多くの人が勘違いしている事がある。

被害届など、出しても無意味です^^;

警察は、被害届などでは動いてくれません。
出すべきなのは、告訴状です。
被害届は、「被害がありました。一応言っときますね。」
という程度の意味合いしかありません。
告訴状を出して初めて、
「被害があって、違法だから、捜査して刑事裁判にかけてくれ!」
という意味合いになります。

ただ、告訴状を出そうとしても、
多くの場合、警察は受理してくれません。
それは、告訴状を受理すると、仕事が増える。
冗談みたいでホントの話です。
警察も、お役所です。
できれば仕事は増やしたくない。
これがホンネです。

では、告訴状を受理してもらう為には、
どうすればいいのでしょう?

本来、犯罪の被害者になった人は、
告訴権者と言って、告訴する権利を持っています。
この権利を警察官のきまぐれで奪われては困りますよね?
告訴があった犯罪者を、起訴するかどうか、
それを決めるのは検察官です。
告訴を受理するかどうか、警察が勝手に判断するなど、
本来許されないはずです。

ただ、実際問題として、
その犯罪者が、本当に犯罪者なのか、
警察は判断をする知識を有していない場合が多いのです。
「それって違法ですか?」
などという警察官も少なくありません。
犯罪が明らかに成立している場合、
警察に告訴を拒む権利はないはずです。
ただ、警察が「それは違法ではないのでは?」
と(勝手に)思うと、受理を拒みます。

ですから、
告訴をする時は、多少勉強して、
違法となる証拠を準備して、
何という犯罪なのか、
法律の条文を明記して、
キッパリと告訴状を提出する必要があります。

それでも受理を躊躇している警察官には、
「私の告訴権を侵害するのですね!?」
とでも言ってやりましょう(笑)
相手は公務員です。
このセリフを出してまで告訴を拒む勇気のある警察官はいないでしょう^^

ヤミ金などの場合、
警察は出資法違反(29.2%を超える金利)の証拠を求めてくる事が多いようです。
ヤミ金も、ここについてはなかなか証拠を掴まさないようにしてきます。
しかし恐喝なども立派な犯罪です。
「払わなかったら会社や実家に電話するぞ!」
など、完全な恐喝です。
これなど、テープレコーダーがあれば簡単に証拠にできますし、
携帯の録音機能でも、恐喝の証拠ぐらい簡単に押さえられるでしょう。
また、無登録営業だけでも、充分な刑罰があります。
泣き寝入りなどせず、ガンガン告訴してやりましょう♪


このブログは、
世の中の消費者がもっと賢くなり、
泣き寝入りをしない事を通じて、
「泣き寝入りを前提とした悪いヤツラ」を
社会から淘汰し、
その事をもって、
今より住みよい社会を作る事を目的としています。
人気ブログランキングへ投票をして頂くと、
ランキングの順位が上がり、
たくさんの人がこのブログを訪れてくれます。
泣き寝入りしなくても良くなる為の情報を
惜しみなく発信し続けていきますので、
応援をお願いしますm(__)m


次回は、どのジャンルの記事が読みたいですか?
ランキングに『ぽちっと』してくれた方のご要望にお応えします^^
posted by 鬼 at 11:50 | Comment(11) | 違法業者

2005年09月01日

麻原、いつまで税金で食わせんの?

サラ金日記でも書いたが、
声を大にして言いたいので、こっちにも書く

オウム真理教の麻原。
まだ生きている。

許せん人は→ランキングに『ぽちっと』して下さい♪


何でまだ生きてんの?

オウム事件に限らず、
大事件の主犯格などは、
なかなか裁判が終わらない。

確かに審理すべき部分が多いのだろう。
でも、主犯格よりも罪が軽いであろう人が
既に死刑と決まっているのに、
主犯格だけ死刑でない、とかあるのだろうか?
少なくとも、麻原に死刑以外の判決など、
ありえるのだろうか?

死刑についての是非は置いておいて、
今、現状の制度の中で、
麻原に死刑以外の結論はないだろう?

精神鑑定、って・・・何??
これで「責任能力なし」とか
そんな判決ありえるの??

責任能力のない人間が、
新興宗教の教祖をやって、
多くの人をマインドコントロールして、
あれだけの大事件、起こせる??

お願いだから無駄な税金使わないで欲しい。
審理にそこまでする必要があるなら、
制度を考え直して欲しい。
せめて、麻原を税金で食わすのはやめて欲しい。
麻原を食わすのに税金使うなら、
麻原の精神鑑定に税金使うなら、
もっと他に有意義な使い道があるだろう?

さらに、刑務所が赤字、ってのも納得できない。
結局、税金で懲役囚を食わしてるんだろ?
何の為の懲役なの??
刑務所が黒字になるぐらい働かせろよ!
その為の懲役だろ??

ほんっと、犯罪者の為に無駄な税金使うの、
勘弁してもらいたい。

死刑が確定しなくとも、
少なくとも無罪になる可能性がないなら、
とりあえず懲役させるとか、
とにかく麻原みたいなヤツに、税金でタダ飯食わせない様に、
何か考えてよ・・・
「とりあえず懲役」って、ダメ?^^;

少なくとも、今はそんな議論すら、あまりされていない気がする。
しているのかも知れないが、
私の耳には届いて来ない。
もっと、考えるべきじゃないかな〜?
刑務所が黒字だったら、
今みたいに
「犯罪者を逮捕しても、入れる刑務所がない」
なんて事はなくなるはずだし。

とにかく、こういう事を
もっとよく検討していく為にも・・・

そう!
9/11だ!
やはり、今の司法には疑問を感じざるを得ない。
9/11。
絶対に「×」を付ける!
読者の中でも納得のいかない人がいれば、
一緒に「×」を付けて頂きたい。

×が過半数を得ることはまず不可能であろう。
しかし、今までより、
あからさまに×の数が増えていれば、
マスコミも取り上げるだろうし、
少なからず次に繋がる影響力はあると思う。

さらに、この動きを加速させる為にも、
ランキングへの『ぽちっと』もお願いしたい。
アクセスを可能な限り増やして、
可能な限り、裁判官への「×」付け運動を広めて頂きたい。


posted by 鬼 at 15:53 | Comment(21) | サラ金日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。