2005年08月20日

加害者は無保険・プータロー!

交通事故の被害者にとって、
保険会社はやっかいだ。

今日もお役立ち情報をお伝えします^^
ご協力を→人気ブログランキング

少しでも保険金を少なく済ませようとするので、
言いくるめられない様に、こちらも知識を付けておく必要がある。

しかし、もっとやっかいな相手がいる。
それは保険に加入していないプータローだ^^;

「全額責任を持って賠償します!」
そんな事を言われても、ちっとも安心できない。

知人から相談を受けた、実話である。

加害者は車。
被害者は知人Aの母。自転車である。
信号のない交差点で跳ね飛ばされた。
連絡を受けた知人Aが、病院へ駆けつける。

加害者 「すいません。ボーっとしてた僕が悪いです。」

知人A 「で、保険は?」

加害者 「いや、あの・・掛けてないんです。」

知人A 「はぁ!?仕事は?」

加害者 「あ、あの・・無職なんです。」

知人A 「はぁ!?じゃあ、どうやって慰謝料払うの!?」

加害者 「はぁ・・何とかします。」

知人A 「何とか、って・・家族は?」

加害者 「あ・・あの・・両親は亡くなりました。兄弟はいません。」

知人A 「はぁ!?・・・・・・・・」

こんな話です。
果たして慰謝料払ってもらえるか?という相談でした^^;

そんな相手、回収できねぇよ^^

でも、私が気になったのは、
じゃあ生活はどうしてるの?ということ。

サラ金の支払いを滞っている人の言い訳に、
なんだか共通点というか、同じニオイを感じる(笑)
そう。ウソがあるね♪

天涯孤独で無職・・・
・・・生活もさる事ながら、
車に乗っている事が不自然。だよね?

事故の当日は知人Aの母が一人。
事故後すぐ救急車で運ばれている。
実は加害者の免許証すら確認できていない。
当然と言えば当然である。
被害者が一人で跳ね飛ばされているんだから・・。
車検証ももちろん未確認。

そこで事故証明を上げるわけだが、
これには少し時間がかかる。
とりあえず、
事故の加害者の住所氏名と、
車検証ぐらいは確認させてもらおうと
警察へ向かう。

そこで警察官の言うこと。
「教えられない。」
全くもって意味不明だ。
事故証明が上がる前に加害者が逃げたら、
果たして責任を取ってくれるのだろうか?
治療に保険証を使うか使わないか、その判断にも困る。
しかし規則は規則だ、との事。

普通は加害者の住所・氏名・車検証ぐらいは、
事故現場で確認するものだ。
その当事者が跳ね飛ばされて、即、救急車で運ばれてるんだ!
警察が被害者のために代わりに聞き取って教える、
という行為が問題になることなどあるのだろうか!!
そう主張してゴネにゴネたら教えてくれた(笑)

警察なんて、そんなモンである^^
弱者に強く、強者に弱い。
それが警察だ。

かくして車検証を見てガッツポーズ!
会社名義だ♪
※この名義というのは「所有者」ではない。
あくまで「使用者」を確認すること。
ローンやリースの車だと、
ローン会社やリース会社の名義になっている事がある。
一般的な「名義」とは「使用者」を指す。

つまり、この車は加害者の車ではなく、
どこかの会社の車という事。

天涯孤独で無職のプータローが、
一体誰の車に乗ると言うのだろう?
そう♪ウソだったのだ♪

案の定、問いただせば、勤務先の車。
勤務中ではなかったので、会社は関係ない、との主張だが、
被害者としてはどうでもいい事。

勤務中に事故を起こした場合、
雇用主は、被害者への損害賠償責任を負う。

勤務中なら、当然、会社は責任を負う。
勤務中でなかった場合でも、
社名の入った会社の軽四で事故を起こした以上、
被害者としては勤務中かどうかなどわからない。
とにかく、従業員が会社の車で事故を起こした場合、
会社は責任を免れるのは困難だ、という事。

結局のところ、加害者がビビッて言い訳をしてしまっただけの話で、
会社に連絡を取ったら、一発で
「申し訳ありませんでした。賠償します。」
との事。さらに
「もちろん保険は掛けてますよ。」
との事。

この先、保険会社とのやり取りはあるにはあるが、
とりあえず「全く賠償してもらえない」状態、からは脱出^^

交通事故の損害賠償請求は、
事故をした当事者だけではなく、
勤務先の車での事故であれば、勤務先にも請求できる、
という事は覚えておきましょう!
知らなきゃ、そのまま泣き寝入りだよ^^;


このブログは、
世の中の消費者がもっと賢くなり、
泣き寝入りをしない事を通じて、
「泣き寝入りを前提とした悪いヤツラ(世の大半の企業など)」を
社会から淘汰し、
その事をもって、
今より住みよい社会を作る事を目的としています。
人気ブログランキングへ投票をして頂くと、
ランキングの順位が上がり、
たくさんの人がこのブログを訪れてくれます。
泣き寝入りしなくても良くなる為の情報を
惜しみなく発信し続けていきますので、
応援をお願いしますm(__)m


次回は、どのジャンルの記事が読みたいですか?
ランキングに『ぽちっと』してくれた方のご要望にお応えします^^
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。