2005年08月18日

お水の女〜下〜

さて・・・

例のホステス。
ホストに入れあげ、支払いに回すお金がない。
そう言いつつ、ホストには通うわけだ。
お金がないのではなく、ホストにお金を使いたいだけの話。

そんなホステスが、
ホストクラブにみすぼらしい格好で行くだろうか?
当然、ブランドスーツにブランドバッグで身を固め、
私がこの街のナンバー1よ!と言わんばかりの出で立ちで
ホストに会いに行くのではないだろうか?
食事をカップラーメンで済ませてでも、
身に着けるものにはこだわるはずである。

そう!はづきさん!正解です!
動産執行です!
つまり、家財道具の差押えです。
生活必需品は差押え出来ませんが、
ブランドバッグや毛皮のコートなどは生活必需品ではありません。

この場合、
普通に質屋に持ち込んだ場合より、
相当安く買い叩かれるそうです。
(質屋の利用経験がないので、真偽の程はわかりません^^;)
とは言っても、
ホストクラブに通いつめるホステス。
それなりの金額にはなるでしょう^^

と思っていたら、執行官に同行した支店の社員から連絡がありました。
「少し時間をくれたら全額用意するので、差押えは待ってくれないか?」
と言っている、との事。

やっぱりね^^
差押えなんてのは、実はこれが本当の狙い♪
直接、私の部署あてにホステスから電話を入れさせ、
任意の支払いによる完済、という事で、
差押えは取り下げ。

当社契約条件での残高、約100万、
差押え債権額、約40万、

「任意の」和解金額、
私の厚い情により、80万(笑)
何?違法じゃないのか、って?
いいの。「任意」だから(笑)

裁判所には「取立完了届け」を出すのではなく、
単に「取下げ」するだけだから^^

でも考えてみて♪
取り下げずに差押えを続行していたら、
そのホステスは失ったブランド品を揃え直すのに、
80万じゃ足りなかったと思うよ^^


このブログは、
世の中の消費者がもっと賢くなり、
泣き寝入りをしない事を通じて、
「泣き寝入りを前提とした悪いヤツラ(世の大半の企業など)」を
社会から淘汰し、
その事をもって、
今より住みよい社会を作る事を目的としています。
人気ブログランキングへ投票をして頂くと、
ランキングの順位が上がり、
たくさんの人がこのブログを訪れてくれます。
泣き寝入りしなくても良くなる為の情報を
惜しみなく発信し続けていきますので、
応援をお願いしますm(__)m


次回は、どのジャンルの記事が読みたいですか?
ランキングに『ぽちっと』してくれた方のご要望にお応えします^^
posted by 鬼 at 10:13 | Comment(15) | 貸金回収
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。