2005年08月11日

バカボン撃退作戦

親から相続した200坪の家に住み、
職は公務員。
奥さんに内緒で遊ぶ金欲しさにサラ金で借金。

サラ金にとって、この上ない最高級顧客である^^

しかし、この手の公務員。
案外、崩れるとモロいのである。
サラ金は、支払いが遅れない限り、
顧客の状況変化に鈍感である。

その顧客、仮にバカボンと名付けよう。
バカボンはある日、支払いを滞った。

私 「お支払いが確認できていないのですが、どうされましたか?」

バカボン 「払えないんです。」

私 「はい!?^^;(公務員が何をご冗談を)」

バカボン 「もうお金がないんです。」

私 「は?お給料は?手取りで50万はあるはずでしょ?」

バカボン 「・・仕事、・・辞めたんです・・。」

私 「え!?(やば!)」

退職した公務員というのは、とにかく根性がない。
公務員は優良顧客だが、あくまで公務員である間だけ。
退職してしまうと、取りっぱぐれが圧倒的に多い。

私 「じゃあ、もうしかたがないでしょ。奥さんに話すしか。」

バカボン 「・・離婚・・したんです。」

ダメだ・・・やばい・・・。
離婚したという事は、慰謝料までガッポリイカれている可能性がある。
退職金までやられている可能性がある。確認しなくては!

私 「退職金があるでしょう!?」

バカボン 「まだもらってないけど、もらっても嫁に持っていかれる。」

私 「(やっぱり!)・・いつ振込みですか?」

バカボン 「来週。」

ダメだ・・。
今から裁判を起こしても債務名義を取るまでに数ヶ月掛かる。
仮差も難しい。
遅れ数日では本社がOKしない。
もし本社がOKしても、裁判所の書記官が認めないだろう。
退職金の仮差をするには、他に財産がない事を示さないといけない。
持家だから、謄本を上げて、鑑定を依頼して、
オーバーローンだった場合に始めてOKが出る。
来週までにそこまでするのは無理だ・・。

 ※仮差とは、
  「債務名義」はまだないが、
  どうしても今、差押えしておかないと、
  債権回収が明らかに困難になる場合、
  裁判所の書記官の判断で、
  裁判の判決が出る前に、
  「仮に」差押えしておくもの。

結局、その時の交渉は成立せず、
「お金がない」以外の有用な情報も得られず、
途中で電話を切られてしまった・・。

こうなると、頼みの綱は不動産しかない。
離婚したとなっては、200坪の豪邸など不要。
両親は既に他界済みで、子供は奥さん側が引き取った様である。

とりあえず訴訟を起こすと同時に、
不動産の登記簿謄本を法務局へ郵送で申請。
戻りを待つ。

返ってきた謄本を見て愕然とする。
一体、何に使ったのかは不明だが、
建物の新築時の銀行借り入れの他に、
銀行から根抵当、
サラ金から根抵当、
さらには個人名でも根抵当が入っている。
鑑定するまでもないだろう。

「根抵当」というのは、
例えば500万円の限度額の中で、
繰り返し貸し借りをする事の出来る抵当である。
住宅ローンなどは「支払いのみ」なので、
単なる「抵当」である。
担保以外の借金でいうと、
・抵当とは、目的ローンのようなもの。
・根抵当とは、キャッシングのようなもの。
ちょっと違うが、感覚的にはそういう性質のものである。

そして、「個人名での抵当」というのは、
おそらく街金である。それも程度の低い^^;
田舎では、地元の小金持ちが結構やっている。
表向きは個人で金を貸しているのだが、
実質はバックに「ヤ」の人がいたりする^^;
実体は私もあまり詳しくは知らない。
とにかく、そういうのが付いていると、
もう差押えなどしても無意味。
抵当権者が全て持っていくので、こちらには1円も残らない。

しかし、よく見ると、
共同担保目録に、別不動産が載っている。

共同担保目録というのは、
A不動産を担保にお金を借りる時に、
A不動産だけでは不動産価値が足りない場合、
B不動産も一緒に担保に入れたりする。
そんなケースでは、
謄本を請求する時に共同担保目録を併せて請求していれば、
一緒に担保に入れている不動産が載ってくる。
つまり、本人の別不動産を発見する事が出来るのだ。
ただし、他人の不動産を、
その他人が担保提供という形で共同担保にする事も可能なので、
名義の確認は必要である。

一筋の光が見えた。
その謄本を上げてみると・・・

抵当2億・・・
ダメだ^^;
やっぱりこちらもオーバーローン。
しかも個人の根抵当は当然くっついている。

でも、天は私を見捨てなかった。
建物面積約500平米
築4年、共同住宅。

意味がわかるだろうか?
共同住宅。つまりアパートである。
築4年だから、そこそこ綺麗なハイツだろう。

そう♪家賃だ!

早速、住宅地図にて、入居者の名前を調べる。
訴訟の判決を待って、101号室の入居者に対して差押えだ。

かくして差押え命令が101号室の入居者へ送達された3日後、
当社の口座へ当日付け完済金額が満額振込まれていた。
さらに翌日、内容証明にて「直ちに差押えを取り下げしろ」と^^
もちろん直ちに取り下げます。
払ってくれれば文句はございません^^

ちなみに差押え金額は約30万。振込み額は約50万。
差押え金額は利息制限法引き直し額。
振込み額は当社契約利率計算額。
そういうもんである(笑)



今日はお話が長くなりました^^;
ちょっと話題が複雑だったかな?


このブログを続けるのに、
私、かなりのエネルギーを費やしています^^;
興味のない方にまでお願いはしませんが、
興味のある方は
人気ブログランキングへのご協力を頂けると励みになります。
出来れば記事が更新されていなくとも、
1日1回ランキングへの『ぽちっと』をして頂けるなら、
頑張って記事を更新して行きたいと思っています。
posted by 鬼 at 09:18 | Comment(10) | 貸金回収
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。