2005年08月01日

貸金回収(契約書ナシ)〜裏ワザ〜

相手に借りた事を認めさせる裏ワザ。


人気ブログランキング、お陰さまで3位です♪


貸した金が100万だとしよう。

それを「200万返せ!」というと、どうなるだろう?

「は!?俺が借りたのは100万だろう!」

とならないかい?^^


はい、これで100万借りた事を認めたよね(笑)


あと、

借りておいて、借りた事をすっとぼける相手には、

返した事もどぼけ返してあげよう^^

貸した100万の内、

既に20万は返してもらっているとしよう。

「返す返すと言って、一度も返した試しがない!早く100万返せ!」

と言うと、どうだろう?

「借りたのは100万だが、20万は返した!残りは80万だろう!?」

そう主張して来ればしめたもの^^

借りた事は認めた、って事だよね(笑)


そしてさらに、それらのやり取りを内容証明でやると効果的です。

「貸した100万の返済を催告する。

返済計画についての回答は内容証明でお願いします。

尚、1週間以内に回答のない場合は、

当方の主張を全て認めたものとみなし、

直ちに訴訟を提起する。」

などの内容にしておけば、あわてて

「100万の内、20万は既に返済した」

などと内容証明で送ってくる場合がある。

これは動かぬ証拠となる。


ちなみに、この内容証明は、

弁護士などの専門家に出してもらうのではなく、

自分で出すべきである。

弁護士の名前が入っていると、

相手も警戒する。

返信をするべきかどうか、

弁護士などの専門家に相談する可能性がある。

そうすれば、むやみに内容証明で返答してくる事は期待できない。

自分で書けば、案外相手も警戒しないものである。


今日の記事はお役に立てたかな?
立てたら→人気ブログランキング♪
出来ればこっちも^^→借金ブログランキング

ちなみに明日は、

メールで希望のあった、

賃貸マンションの敷金問題を取り上げる。

敷金の返還額に不満を持った覚えのある人は必見!
こちらでご予約を^^→人気ブログランキング♪
posted by 鬼 at 09:15 | Comment(3) | 貸金回収
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。